【キャリアコンサルタントとは?】
その人らしい生き方・はたらき方を支援し
みんなでイキイキと社会を支える

国の政策でも活躍が期待される資格
キャリアコンサルタント・キャリアカウンセラー

キャリアコンサルタントとは、2016年4月より創設された国家資格で、個々人の適性や職業経験に応じて職業設計を行い、これに即した職業選択や能力開発を効果的に行う専門家です。キャリアコンサルタントは、企業の人事・教育関連部門、大学のキャリアセンター、公的就業支援機関、人材紹介・人材派遣会社など、幅広い分野で必要とされています。

日本マンパワーが養成するキャリアコンサルタントは、個々人が経験の内省を通じて、社会の中で自分らしく活躍する方向性に気づき、実現できるように支援することを大切にしています。

第7回キャリアコンサルタント養成講座(総合)受講生募集中!

国家資格としてのキャリアコンサルタント

一人ひとりのキャリア形成を支援する専門家

国家資格としてのキャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは職業能力開発促進法において国家資格と定められています。同法では、キャリアコンサルタントとは、「キャリアコンサルタントの名称を用いて、キャリアコンサルティングを行うことを業とする」とされています。このキャリアコンサルティングとは「労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと」と定義されています。
また、「キャリアコンサルタントでない者は、キャリアコンサルタントやそれに紛らわしい名前を用いてはならない」とされ、いわゆる名称独占の資格です。

キャリアコンサルタントは、信用を傷つけたり、不名誉な行為をしたりすることを禁じられ、守秘義務の責任が課せられています。秘密を漏らした者や、名称使用の制限に違反した者には罰則も規定されています。

キャリアコンサルタントは登録後5年ごとの更新が必要です。

キャリアコンサルタントとはキャリアコンサルタントの名称を用いて、キャリアコンサルティングを行うことを業とする。
(第30条の3)
キャリアコンサルティングの定義労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと。(第2条第5項)
登録と更新試験合格後キャリアコンサルタント名簿に登録。5年ごとに更新。(第30条の19第3項)
義務信用毀損・名誉毀損の禁止。守秘義務を負う。(第30条の27第1項、第2項)罰則規定あり。
名称独占キャリアコンサルタントでない者は、キャリアコンサルタントやそれに紛らわしい名前を用いてはならない。(第30条の28)罰則規定あり。

キャリアコンサルタントが国家資格となった背景

2016年4月より「キャリアコンサルタント」が職業能力開発促進法に規定

キャリアコンサルタントが国家資格となった背景

国は、企業を取り巻く環境の変化する中で、経済成長を持続的にするため、働き手が自らのキャリアについて主体的に考える習慣を身に付ける環境を整備することが重要であり、そのためには、定期的なキャリアコンサルティングの機会を提供することが重要であるとしています。(衆議院厚生労働委員会での質疑による)
このため、今回の法律の改正によって、キャリアコンサルタントを名称独占資格として位置づけ、更新制度を通じた資質の確保を図りつつ、キャリアコンサルタントを計画的に養成していくとしています。また、平成27年度には、キャリアコンサルタントを活用したキャリア形成の仕組みを導入・実施した事業主に対する助成も創設されています。

さらに、日本再興戦略改訂2015でも、働き手がそれぞれの節目において、定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会(セルフ・キャリアドック)の整備が盛り込まれています。こうした取り組み等を通じ、国は、キャリアコンサルティングの重要性を広く周知すると共に、企業内におけるキャリアコンサルタントの活用を進めていきたいとしています。

企業内でのキャリアコンサルティング体制整備について

キャリアコンサルタント養成数の推移

キャリアコンサルタント養成数の推移
※1 標準レベルのキャリア・コンサルタント及びキャリア・コンサルティング技能士を計上。

第81回 労働政策審議会 職業能力開発分科会資料より

キャリアコンサルタントが活躍するフィールド

全国各地でさまざまな支援に携わっています

企業・組織の中で

企業・組織の中で活躍

企業・組織の人事・教育、人材開発部門で、採用や定着支援、働く人の意欲や能力開発に関する施策の企画立案・実行に携わります。また、企業内のキャリアカウンセリング室などで直接カウンセリングに携わる場合もあります。また、ラインのマネジャーなどが、面談や日ごろの対話の中で部下同僚のキャリア形成を支援したり、チームビルディングに活用したりするケースも見られます。

人材派遣会社・人材紹介会社で

人材派遣会社・人材紹介会社で活躍

コーディネーター職や営業職などで、派遣スタッフや転職希望者と求人企業との間に立ち、双方にとっての適切なマッチングを行ないます。この業務においては、求職者との信頼関係を構築する力や、スキルだけでなく、仕事への意欲や潜在的な能力を見出す力が求められ、キャリアコンサルタントの専門性の発揮が期待されます。

公的就業支援機関で

公的就業支援機関で活躍

ハローワークなどの公的就業支援機関で、求職者の自己分析から職業選択、実際の求職活動などの支援に携わります。求職者との対面での相談を行なうほかに、求職スキルなどに関するセミナーの実施に携わるケースもあります。

大学などの教育機関で

大学などの教育機関で活躍

大学のキャリアセンターなどで、学生の自己理解・自己分析や進路選択、企業研究、求職活動などの支援に携わります。また、学内のキャリア教育のプログラムを立案・実施などの活動を行なっています。

独立キャリアコンサルタントとして

独立キャリアコンサルタントとして活躍

上記の各組織に所属せず、独立してキャリア形成支援活動に携わっているケースです。企業・団体等に委託されて、従業員などにキャリアカウンセリングを実施したり、学校等でキャリア教育の指導者や講演活動を行なったりしています。業界に特化したり、社会保険労務士などとのダブルライセンスを保有するなど、独自の専門分野を持って活動しているケースが見られます。

キャリアコンサルタントになるには

資格取得から取得後の更新までの流れ

キャリアコンサルタントになるには
キャリアコンサルタントになるには、キャリアコンサルタント試験に合格し、厚生労働省に備えるキャリアコンサルタント名簿への登録を受ける必要があります。

活躍のステップ

キャリアコンサルタントとしての活躍のステップ

活躍のステップ
キャリアコンサルタントとして活躍するまでを「学ぶ」「資格を取る」「実践する」「つながる」「磨く」の5つのステップに分けてご紹介いたします。

キャリアコンサルタントとCDA

ともに国が定める基準を満たしたキャリア形成支援の専門家

キャリアコンサルタントとCDA
キャリアコンサルタントもCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)も、ともに国が定める基準を満たしたキャリア形成支援の専門家です。

活躍する先輩たちにインタビュー

全国で活躍するキャリアコンサルタント・CDAの声を紹介

活躍する先輩たちにインタビュー
活躍事例として、全国で活躍する日本マンパワー卒業生のキャリアコンサルタント・CDAの方々へインタビューした内容をご覧いただけます。

キャリアコンサルタント情報・コミュニティ

メルマガ 『CDAメールマガジン』

キャリアコンサルタントに興味をお持ちの方ならどなたでも購読いただけます。

登録・年会費は無料です。また当社講座を受講されたことがなくてもご購読いただけます。

キャリアコンサルタント・CDAに関するさまざまなコンテンツを随時配信しております。

キャリアコンサルタントメールマガジン

Facebookコミュニティ 『CDAラウンジ』

日本マンパワーのキャリアコンサルタント・キャリアカウンセラーのFacebookコミュニティ。

これから資格取得を目指す方や既に活躍しているみなさまと交流をしながら情報をお届けしいます。

キャリアコンサルタントFacebookコミュニティ

望ましいキャリア形成のために

キャリアコンサルタントやキャリアカウンセラーと聞くと、「職業紹介」「就職指導」「仕事に関する悩み相談」などを思い浮かべるかもしれません。もちろん、キャリア形成支援の専門家としてそうした対応も担います。ただ、日本マンパワーはもっと幅広い役割があると考えています。専門家として目指すべき根底にあるのは、その人が自分自身を振り返り、自らの可能性に気づき、肯定的に受け入れることによって前向きに歩んでいくこと。それを専門家の立場から促すことで、その人が大事にしている価値観やその人らしい人生観がはっきりとしてきます。
それが自ら人生を選択していくキャリア形成につながっていくのです。

“もっと自分らしくはたらきたい” “今ひとつ、やる気がでない” “自分が何に向いているかわからない” “なんだか毎日がしっくりこない”

だれにでもあるモヤモヤ

“人間関係がうまくいかない” “自分の人生、これでいいのかと思う” “やりたい仕事がみつからない” “就職・再就職・転職がうまくいかない”

あなたにもこんなモヤモヤはありませんか?
実は、誰にでも生じるこのモヤモヤこそ、成長のためのヒントになるのです。
そのモヤモヤについて共に考え、その人らしい生き方・はたらき方を支援するのが
キャリアコンサルタント・キャリアカウンセラーです。

望ましいキャリア形成のために

TOP