キャリアコンサルタントになるには

資格取得から取得後の更新までの流れ

キャリアコンサルタントになるには、キャリアコンサルタント試験に合格し、厚生労働省に備えるキャリアコンサルタント名簿への登録を受ける必要があります。

1 受験資格について

キャリアコンサルタント試験を受けるには以下のいずれかを満たす必要があります。

  1. 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者(注1)
  2. 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者(注2)
  3. 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
  4. 上記の項目と同等以上の能力を有する者

2 キャリアコンサルタント試験について

キャリアコンサルタント試験は学科試験と実技試験によって行なわれます。

試験科目

  • 職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目
  • キャリアコンサルティングの理論に関する科目
  • キャリアコンサルティングの実務に関する科目
  • キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目
  • キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目
※ 詳細は、各試験実施機関のWebサイトをご確認ください。

学科試験

出題形式筆記試験(四肢選択のマークシート方式による回答)
問題数50問
試験時間100分

実技試験

1. 論述試験
出題形式記述式(逐語記録を読み、設問に解答する)
問題数1~2問
(日本キャリア開発協会の場合)
1ケース
(キャリアコンサルティング協議会の場合)
試験時間50分
2. 面接試験
出題形式ロールプレイ(受験者がキャリアコンサルタント役となり、相談を行う。)と、口頭試問(自らの相談について試験官からの質問に答える)
問題数1ケース
試験時間20分(ロールプレイング15分、口頭試問5分)

試験実施時期

登録試験機関のWebサイトでご確認ください。

試験実施機関

厚生労働大臣が登録した以下の2つの団体が試験を行います。

※ 試験日程や願書の請求については、各登録試験機関のWebサイトをご参照ください。

受験手数料

学科試験8,900円
実技試験29,900円
※ 上記の2団体とも、同一の受験手数料です。

3 登録について

キャリアコンサルタントになるには、キャリアコンサルタント試験に合格し、厚生労働省に備えるキャリアコンサルタント名簿への登録を受ける必要があります

登録手続き

具体的な登録手続等は、下記をご確認ください。

指定登録機関

特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会

手数料等

登録手数料:
8,000円 (別途、登録免許税9,000円が課税されます。)

4 更新について

キャリアコンサルタントの登録を継続するには5年ごとの更新が必要です。

更新に必要な講習

更新のためには、以下のAとBの講習を受ける必要があります。

キャリアコンサルティングを適正に実施するために必要な
知識の維持を図るための講習
8時間以上
キャリアコンサルティングを適正に実施するために必要な
技能の維持を図るための講習
30時間以上(注4)

更新講習B(技能)について(注4)

以下の場合、10時間以内に限り上記Bの講習を受けたこととみなされます。

  • 技能検定キャリアコンサルティング職種1級に合格したキャリアコンサルタントからキャリアコンサルティングの実務に関する指導を受けた時間
  • キャリアコンサルティングの実務に従事した時間

詳細については、厚生労働省のWebサイトをご確認ください。

指定更新講習

講習の概要や指定されている講習については、厚生労働省のWebサイトにてご確認ください。


TOP