仕事を円滑に進める 対話術コース(Web添削)

<2023年11月開講>自律型次世代リーダー育成シリーズ

テキスト教材Web添削対応

【勧】こんな方におすすめ!

● 中堅社員の方
● 所属部署における中心的リーダーの方
● リーダーに必要な知識・スキルを身につけたい方

● 人間関係を向上させる話し方、聴き方ができ、相手との関係性がうまく築けるようになります。
● 仕事を円滑に進めるビジネスコミュニケーションを身につけます。

カテゴリー 通信講座
受講期間 2ヶ月
教材区分 テキスト教材
添削提出 2回Web添削対応
支払い方法
受講料(税込) 13,750円送料別送料・お届け方法について
  クーポン利用可

代金の支払い方法によって、ご入金が確認できた後、2日〜5日で教材を発送いたします。お手元には、約1週間〜10日でお届けいたします。

講座の特色

● 1テーマ1見開きで完結のチャート図で、イラストなどを豊富に盛り込んだ分かりやすいテキストです。
● CASE中心に展開する、実践的な内容が身につく学習カリキュラムです。
● 実践的な内容を盛り込んだ添削問題です。

使用教材

使用教材

学習ガイド、テキスト(1冊)、添削問題(2回・Web添削)、Web質問

※テキストを電子ブックでも配信しています。

カリキュラム

Part1
対話と会話は何が違うのか
1.伝わらないな・・・と感じたら意味を見直すチャンス
2.対話で仕事が前に進む関係性をつくる
3.職場外のコミュニケーションを上手く活用するために
4.ビジネスコミュニケーションでは質問が鍵
5.効率を追わず、効果を見る
Part2
自分の対話スキルを上げて
チームを1つにする
1.他者との対話 自分自身との対話
2.何気なく使っている言葉を振り返る
3.話しやすい人は自分の鏡 話しにくい人も自分の鏡
4.コミュニケーションデザインのコツをつかむ(1)準備
5.コミュニケーションデザインのコツをつかむ(2)実践
6.対話スキル(1)理解する前に受け止めることを実践する〜傾聴〜
7.対話スキル(2)共感を表すための質問
8.対話スキル(3)興味を表すための質問
9.対話スキル(4)相手の本意を探るための質問
10.対話スキル(5)解決策をともに考えていくための質問
11.対話スキル(6)相手を元気づける質問
12.対話スキル(7)意見が異なる際に効果を発揮する質問
13.対話スキル(8)相手が感情的になっているときに効果を発揮する質問
14.対話スキル(9)目的を見失ったときに効果を発揮する質問
15.対話スキル(10)ロジカルな伝え方とナラティブな伝え方を使い分ける
Part3
まわりを巻き込んで
チーム全体の対話スキルを上げる
1.対話がもたらす効果の可能性(1)みんながやる気になっていく
2.対話がもたらす効果の可能性(2)みんなが仲良くなっていく
3.対話がもたらす効果の可能性(3)みんなが賢くなっていく
4.どんな場所で対話をするかが大切
5.メンバーを主役にする対話を実践する
6.多様性は武器にも凶器にもなる
7.対話では学び続ける

Web Course-s

「Web Course-s」は、日本マンパワー受講生サポートサイトです。Webを利用して、1.通信教育講座の添削採点サービス、2.講座内容に関する質問受付等のサービス、3.Web教材(動画、資料、電子ブックなど)、4.日本マンパワーが発信する資格試験情報をご提供するものです。

添削課題や質問票等のご提出方法がスピードを生かしたWebとなる点を除けば、従来の通信教育と変わるところはございません。Webの良いところと書籍の良いところを組み合わせた理想的な学習スタイルです。

  • ■「Web Course-s」をご利用頂くには、下記の環境が必要です。下記以外の環境をご利用の場合には、「Web Course-s」の一部が正しく表示されない可能性がございます。以下の環境が正常に動作するパソコンおよびモバイルをご利用ください。

    【パソコンの動作推奨環境】

     WindowsMac
    ブラウザMicrosoft Edge
    Google Chrome (最新版)
    Mozilla Firefox (最新版)
    Safari 5.0 以降
    Safari (OS 直近3世代)
    ソフトウエアAdobe Reader などのPDF閲覧用ソフト
    回線速度常時 1,000Kbps 以上の回線速度
    ディスプレイ有効解像度 1024×768(XGA) 以上
    音声音声が再生できる環境が整っていること
    • ※ 上記環境に該当しない機種をご利用の場合は、「Web Course-s」の一部または全部が正しく表示されないことがあります。
    • ※ ご利用のPCがBTO方式によるもの及び自作であるものの場合には、動作環境が整っている場合でも、動作を保証することはいたしかねます。
    • ※ ご利用のセキュリティ環境により、接続・操作ができない場合がございます。
    • ※ JavaScriptが動作する設定になっていること。
    • ※ Cookieを使用できる設定になっていること。

    【スマートフォン・タブレット端末の動作推奨環境】

     AndroidiPhone/iPad
    OSAndroid 6.0 以降iOS 10.0 以降
    ブラウザGoogle Chrome (最新版)
    Mozilla Firefox (最新版)
    Safari
    ソフトウエアAdobe Reader などのPDF閲覧用ソフト
    ※ 添付資料については、パソコンでのご利用を推奨しております。
    回線速度常時 1,000Kbps 以上の回線速度 (Wi-Fi推奨※)
    音声音声が再生できる環境が整っていること
    • ※ 上記環境に該当しない機種をご利用の場合は、「Web Course-s」の一部または全部が正しく表示されないことがあります。
    • ※ ご利用のセキュリティ環境により、接続・操作ができない場合がございます。
    • ※ 4G・3G/LTE回線でのご利用の場合、携帯電話会社の容量制限に達する場合がありますので、容量制限が発生しない環境でのご利用をおすすめいたします。
  • ■ Web添削からの質問は回数に制限(5回まで)があります。
  • ■ インターネットに接続可能なパソコンや周辺機器およびブラウザ等は、予めお客様にご用意いただく必要がございます。
    また、プロバイダーとの契約料や通信費等もお客様のご負担となります。