受講生に聞いてみました! 通学講座レポート

盒 紀子 さん

PROFILE

盒 紀子 (タカハシ ノリコ) さん[東京都]
保有資格:
CDA資格

いくつかの会社で、いわゆる事務職を経験。CDAの資格取得を機に、自分の棚卸ができ、私にとって何が大切なのかを見つめなおした結果、昨年、人材サービスの会社へ営業を含む職種として転職。
現在は、週末の時間を利用して、セミナーなどのキャリアカウンセリング業務ができるように準備中。

資格取得を機にキャリアチェンジを実現。傾聴スキルを営業職にもいかす

受講講座
CDA第29回東京クラス

この講座を選んだ理由・きっかけ

転職活動中のセミナーで「何かが起きる事も転機ですが、予想していた事が起きない事も転機です」という理論をお聞きし、目から鱗だったこと。無料で受けたキャリアカウンセリングで、ただ話をするだけなのに、終わった後に自分の考えがまとまったり、新しい道が見えて前向きになったりという事を経験し「不思議な気持ちです。これはどういうことなのでしょう?」とお伺いし、カウンセラーの方から、CDAという資格を知り興味を持った事の2つが大きなきっかけです。

この講座を受講してみて

様々な年齢層・業種・職種の方と広く知り合えた事は、私の中でとても大きな財産となりました。これまでの生活では出会わなかったであろう仲間たちと、色々と意見を交換しあったり、業界の話を伺えたりと貴重な経験ができました。
 また、通学コースの間には宿題も多く、時間のやりくりをして大変ではありましたが、自分を題材とした課題がほとんどで、自分自身の棚卸ができたことはとてもよい機会でした。なんとなくもやもやとしていた自分の価値観がはっきりと見えたからこそ、その後の自身の転職活動を楽しむ余裕ができたのだと実感しています。

受講を検討されている方へ

仕事に活かす、キャリアアップという高い目標は勿論ですが、受講することで学べる傾聴スキルは、人生を豊かにしてくれると思います。「こんな考え方をする人もいるんだ」と他人に寛容になれ、「私はこれでいいんだ」と自分を好きなれると、人と接する事がとても楽しく感じられます。そして、もしかすると、誰かの人生を豊かにするお手伝いができるかもしれない。そう思うと、受講することによって得られるものは、期待して間違いないと私は思います。

試験勉強について

一次試験対策は、テキストの読込をしながらの要点ノート作成。練習問題としては、日本マンパワーの「Web版CDA1次答案練習」や同じクラスのメンバーが勉強会を開催してくれた際に、各自作成して持ち寄った問題集を活用。試験2週間前には、論述対策で文章で回答する事を練習しました。特筆すべきは、試験2か月前から6人の仲間で始めた「携帯メール一問一答」。曜日毎に当番を決め、毎朝問題を出し合いました。覚え方を工夫して回答に添えたり、励まし合ったり。この6人のメンバーは、全員一次試験初回合格でした!
 二次試験対策については、いろいろとお声掛けいただいた勉強会に参加し、様々なタイプのクライエント役とのロープレを体験することによって、自分の苦手とするところが見えてきて、対策を立てることができました。特に、現役CDAの先輩がオブザーバーとして来てくださった会では、的確なアドバイスをいただけ、また試験の心構えなどを教えていただけたので、有意義であったと感じています。