受講生に聞いてみました! 通学講座レポート

増野 洋子 さん

PROFILE

増野 洋子 (マスノ ヨウコ) さん[広島県]

これまで、半導体メーカーの労務・教育、外資系生命保険会社のカスタマサービス、外資系人材派遣会社での営業・コーディネータ職を経験しました。現在は、国立大学にて就職支援関連の非常勤講師・キャリアカウンセリングをしながら、大学院受験の準備をしています。

先生や仲間との出会いが、一生ものの財産になりました!

受講講座
CDA第24回広島クラス

この講座を選んだ理由・きっかけ

人材派遣会社での仕事と、大学での講師を並行する中で、次第に「仕事とは何か」、「内定を得るためだけの就活支援でいいのか」という疑問を漠然と感じていました。また同時期に、我流・亜流化している仕事の見直しや、自らのキャリアを再検討したいという思いも抱えていました。最新の知識や情報に触れたら何かわかるかも・・・、と受講に踏み切りました。

この講座を受講してみて

私の場合、在籍する派遣会社の推奨資格があったので、費用面、社内受講の利便性から、最初はそちらを検討していました。ただ、社員限定受講のため、実習の場で本心からの自己開示をしにくい、会社を越えた交流ができない・・・など難点もあったのです。約1年いろいろと検討してから、養成講座の説明会に参加しました。ここでは実際に活躍されている方のお話を聞く機会もあるので、今迷っている方は、ぜひ参加してみてください。自分がイメージしていたこと、説明会でのお話、実際の受講内容にブレがなかったので、雑念なく勉強に集中でき、あっという間に講座が終わった感じです。また通信・通学講座とも共通テキストを使うので、通信受講中にピンとこなかったことも、通学に入ると再度学習の場面があります。お陰で「理解できないままだった」ということもありませんでした。

受講を検討されている方へ

業種・職種・立場の違う受講生が集うので、今までにない人脈の広がりや、自分とは違う分野の知識を得ることができます。ほとんどの方が有職者で、仕事をやりくりした大事な休日を使っての通学なので、皆、自然と協力し合っていました。修了後も、何かあれば勉強会と称して(当然飲み会付きです)、よく顔を合わせています。仕事上での相談や協力も生まれました。またキャリア開発協会には、ピアトレーニングや向上研修などが用意されており、継続したスキルアップができます。講師は実務経験豊富な方が多く、私自身、受講内容を即仕事に反映できて助かっています。

勉強について

仕事柄、拘束時間が長く、まとまった時間が持てなかったので、一次試験までは、とにかく細切れの時間を大事にしました。どこに行くのもテキストとノートを持参し、外回り中のバス停や電車の中、出張の移動中など、一行でもと思い目を通していました。それから、一緒に受講した仲間の存在も大きかったです。グループメールを活用して問題を出してくれたり、二次試験前にはロールプレイの勉強会をしたりと、とにかく支え合っていました。仲間無しでの合格はあり得なかったと思います。