基本プログラム一覧・検索

絞り込み条件を指定

  • 基本プログラムTOPへ戻る

検索結果

テーマ:
コミュニケーション

検索の結果、16件の基本プログラムを一覧で表示しています。

  • 企業内キャリアコンサルタントのための SVプログラム

    スーパービジョンを受ける前にいくつかの認識を整える段階として、
    キャリア相談に必要な知識・スキルを、ワークや対話を通じて体感的に理解する。
    スーパービジョンを受けるための準備事項や発達課題について理解することで、
    スーパービジョンの効果を最大限に活かせるよになります。

    ※研修を受けた後、実際の面談を担当し、ケースをもとにした
     個別スーパービジョンを受けて頂きます(初回1時間半、以降1時間)。

  • ダイバーシティマネジメント研修

    対象:管理者

    マネジャーがダイバーシティの観点から、メンバーを理解することで、
    多様な人材の活躍の後押しができるような関り方を考えます。
    1)会社や職場で個人が活躍することの意味を理解する
    2)メンバーの仕事に対する様々なスタンスの理解する
    3)マネジャー自身が持つアンコンシャスバイアスを自覚する

  • 事例紹介あり共創研修プログラム「コクリエ」〜Co-Creation〜

    対象:新入社員・若手社員、中堅社員、管理者

    〜共創と競争が働く喜びを輝かせる〜
    組織・チームで、「一緒に働く」ことに向き合い、メリットとパワーを再認識し、なぜ困難なのか、どのようにすれば上手くいくのかを学ぶことで、理想の組織の実現のために、働く喜びを創り出していく人材を育成します

    ・個人の目標や役割が、部門・チーム、企業・組織全体の目標とどのような関係にあるのかを知り、組織の目指す方向性に、自らの目標を統合し、チームでの役割を認識し業務を創り出す「共創」の姿勢を目指します。
    ・組織・チームで働くことを困難としている要因を、人間の認知のメカニズムから捉え、他者への関心と自他の違いを認め合う姿勢を養います。また、困難を乗り越えるための具体的方法論を習得することで、組織・チームで働くメリットの方が大きいことを学びます
    ・理想の組織を「語る」ことで、日頃の思いや抱えている課題を整理し、負担や悩みを軽くした上で、明確な役割と行動を理解します。他者と意見を交わす過程から、共創への取組、理想の組織実現のヒントを得ます。

  • マネジメント実践力強化研修

    対象:管理者

    PLAN(計画力)、ACTION(実行力)、CHECK&CONTROL(統制力)の3つの切口で捉え、具体的なコンピテンシーレベルでマネジメント力を高めます。

  • マネジメント・マインド研修

    対象:管理者

    相手の状況に対応したリーダーシップやコミュニケーションの実践方法を習得することにより、対人関係能力、特に部下指導力を向上させます。

  • コーチング研修

    他者に気づかせる技術を学ぶことにより、コミュニケーション能力の向上とモチベーション力の向上が期待でき、社員を、気づかせ型・自律型にするきっかけを作ります。

    コーチングに関する基本的な考え方、理論的背景を知り、必要とされるコーチングの技術を、ワークを通して体験的に学ぶことで、初歩的なコーチングスキルの獲得をめざします。

  • リーダーシップ研修

    対象:中堅社員、管理者

    他者への影響力、すなわちリーダーシップの理解と、今日的なリーダーシップについて理解を深め、目指すリーダー像実現へとつなげていきます。

    リーダーシップの理論的背景を理解し、リーダーシップを発揮すべき様々な場面での実践的な手法を習得します。リーダーシップを発揮していくための今後のビジョン及び課題、課題実現のための行動テーマなど、職場での実践にむけて研修を行います。

  • コミュニケーション研修

    対象:新入社員・若手社員

    価値観や年齢の異なる職場におけるコミュニケーションにおいて、他者を尊重しオープンな人間関係づくりのポイントについて理解を深めます。
    他者との信頼関係を構築するためには、「共感的理解」と「聴く姿勢」が重要であることについて認識を深めるとともに、体験を通じてそのスキルを習得します。

  • アサーティブ・コミュニケーション研修

    意見や要求の適切な表現方法を身に付けることで、ストレスの少ない人間関係を構築し、職場でのコミュニケーション向上に役立てます。

    自分も相手も尊重することの重要性を知り、相手とWIN−WINの関係を築くことができるようになり、言いたいことを我慢したり、言ったことによる摩擦が減り、気持ちのいい人間関係の中で働くことが可能になるスキルを習得します。

  • メッセージ受発信トレーニング

    対象:新入社員・若手社員、中堅社員

    自律型次世代リーダーの基盤となる「メッセージ受発信」のスキルを身につけることで、相手(部下や上司、顧客)との有意義なメッセージのやり取りを行う調整力とともに、組織を円滑にファシリテートする志を醸成します。

  • ロジカルコミュニケーション研修

    プレゼンテーションはもちろん、報告や相談などのあらゆるコミュニケーション場面において論理的でわかりやすい情報伝達を可能にします。論理的にものを考える方法を学ぶことで、他者の話を正確に把握し、整理できるスキルを習得し、社外/社内顧客の要望に対し、その訴求点を満たした提案を作成するための枠組みと手法を獲得します。

  • アセスメント研修

    対象:中堅社員、管理者

    今日的なマネジメントとリーダーシップに関する正しい考え方を認識するとともに、シミュレーション演習を通して実践的なスキルを磨くことの必要性、そして客観的な自己認識と自己啓発の気づきの場、機会づくりの場としていく。

    1)ディメンションと呼ばれる評価要素(革新性、情報収集力、問題分析力など)が設定されている。
    2)研修形式の中で、様々なシミュレーション演習やグループ討議等を通して受講者の行動が観察・評定される。
    3)観察評定はリードアセッサーを中心とした専門訓練を受けた複数のアセッサーによって行われる。

  • プレゼンテーション研修

    対象:新入社員・若手社員、中堅社員、管理者

    会議や顧客先での説明等の場において、話の主旨・内容を正確に、かつ分かりやすく伝えるためのプレゼンテーションスキルを習得します。効果的なプレゼンテーションを行うために、分かりやすく説得力のある話し方をするためのスキルを習得・向上することをねらいとします。

  • メンター研修

    対象:中堅社員

    メンターの役割と立場を認識し、メンタリングに必要なスキルを習得する。
    1)後輩社員の成長を促す「支援者」としての立場・役割を認識する。
    2)メンタリングの必要性の認識、メンターに求められる役割を体得する。
    3)基本的な支援スキルを習得し、その効果・狙いを理解する。

  • チームワーク研修 ~MISSION“ABC”~

    対象:新入社員・若手社員

    ビジネスを進める上で求められる態度・姿勢について、ゲームトレーニングを通じて体験的に習得します。
    チームワークや自他の役割について認識することで、言葉以上の”気づき”を与えることができます。

  • 対話型研修

    対象:新入社員・若手社員、中堅社員、管理者

    関係者がお互いのつながりを取り戻し、互いの思いを理解し合う機会を生み出します。
    リラックスした雰囲気の中、まじめなテーマについて話し合うことで、共に創造しようとするダイナミックスを生み出すことができます。
    また、他人事ではなく、自分事として捉えることを促すことで、未来への変化を生み出します。

    ●対話の効果や、主観で話すことの意味を実感する
    ●対話を通して、互いに理解し合うことができる
    ●対話から生まれた気づきや新たな考えやつながりを確認し合い、
     明日から出来ることを考える

  • 基本プログラムTOPへ戻る

企業ご担当者様向けイベント情報

ピックアップコンテンツ

導入事例のご紹介

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン キャリアのこれからニュース

資料請求/お問い合わせ