日本マンパワーが選ばれる理由

なぜ、日本マンパワーが選ばれるのか?

キャリア開発の最前線を走り続ける日本マンパワーの豊富な実績・ノウハウで、あらゆるニーズに対応できる高品質なワンストップサービスを実現します。

パイオニアとしての豊富な実績。
そして、他社には真似できない高品質なノウハウとサービス

1967年の創業以来、時代に先駆けて、企業内キャリアコンサルティングの最前線を走り続けています。
豊富な実績に基づいた確かなノウハウによる高品質なサービスを提供できます。

日本マンパワーはキャリア開発の最前線を走り続けます。

1978年

長期人材育成プログラム(CDS)開発。

1995年

キャリアドック事業部創設。定期的にキャリアを診断するプログラムの提供を開始

1999年

日本初「キャリアカウンセラー(CDA)養成講座」を開講。有資格者は現在14,004人(2015年10月現在)

2008年

厚生労働省 「キャリア健診(企業向け・個人向け)調査研究事業」 受託

厚生労働省

2012年

「企業内キャリアカウンセリング白書」を刊行。個別相談、集合形式の効果測定を開始

2015年

企業内人材育成推進助成金 キャリア・コンサルティング体制整備 東京労働局 大企業適用第1号(2015年6月15日)

2016年

「キャリアコンサルタント養成講座(総合)」が厚生労働大臣認定(国家資格化)

人材開発・キャリア開発の総合機関の強みを活かし
企業・法人独自のあらゆるニーズに対応できるワンストップサービス

企業や団体様がキャリアコンサルティングの体制を整備するためには、制度設計、キャリアコンサルタントの育成、実際の運用、効果測定、そして経営への報告、さらなる活性化策など、幅広い対応が求められます。
日本マンパワーは、人材開発、キャリア開発の総合機関としての強みを最大限に活かし、企業や団体様のマネジメントサイクル<PCDA>に基づいたあらゆるニーズに対応できるサービスをワンストップで提供できます。

ワンストップサービス 企業内キャリアカウンセラー養成講座 CDAとは 企業内キャリアコンサルタントの寺子屋

※ 株式会社日本マンパワーは、従業員の自律度を高め、成長を促すための、定期的なキャリアカウンセリングを中心としたトータルキャリアサポートを “キャリアドック” として、その実施のためのコンサルティングから実際の運用までのノウハウをご提供しています。

このページの先頭へ