キャリア開発シンポジウム

2010春 キャリア開発支援シンポジウム − 50歳代社員のキャリア開発支援【全国5ヵ所 無料】

各企業での雇用延長制度の導入、公的年金支給開始年齢の引き上げ、人口減少、少子高齢化などの環境変化に伴い、これからは、50歳代以上の中高年齢社員の活躍が企業競争力に大きな影響を及ぼすことは間違いないでしょう。定年まで、そして定年以降会社から完全に引退するまで、継続的に専門能力やスキルをブラッシュアップし、豊富な経験を活かした業績貢献戦力として、又後輩社員への技能伝承の担い手として活躍してもらうためにも、50歳代社員のキャリア開発はますます必要となってきています。

そこで今回のシンポジウムでは、「50歳代社員のキャリア開発支援」に焦点を当て、先行企業の事例紹介と具体的な支援手法である研修体験との2部構成でより深くご理解いただきます。

50歳代社員に対する、自律的なキャリア形成意識の向上や、前向きな社内転進や社外への出向・転進も視野に入れたキャリアプラン・ライフプランなどについてご興味のある方、生の情報交換をご希望されるご担当者様は、ぜひ本シンポジウムにご参加いただき、今後にお役立て下さい。

貴社ではこのようなお悩みありませんか

貴社では、組織の期待と社員の認識にこのようなギャップがありませんか?

  • 会社を去るまで、モチベーションを下げずに企業貢献して欲しい。
  • 部下や後輩の手本となる先輩社員として社内を活気づけて欲しい。
  • 再雇用後も再雇用前と変わらない戦力として、活躍して欲しい。
  • 定年後を視野に入れた今後のキャリアビジョンを再度明確にして欲しい。
  • 今後の会社的労働力確保のために、50歳代社員の活用は必須である。

このようなギャップがありませんか?

  • 定年まであと少し、モチベーションも下がり、ぼちぼち仕事を続けていればいいか・・。
  • 仕事より退職後の生活のことが気になる。自分達の年齢の社員に会社はそんなに期待していないだろう。
  • 定年後の生活資金面で不安がある。再雇用してもらえる人材はどんな人材か、自分は再雇用してもらえる人材なのか気になる。
  • 再雇用後の職場で周囲と上手く仕事ができるか心配。いつまで働けばいいのか、生活資金面も含めてじっくり考えたい。

セミナーへのお申し込みはこちらから

日本マンパワーの支援のポイント

気づきの場、今後の方向性を考える場の提供

「ライフプラン研修」や「キャリアデザイン研修」など、最適なキャリアコース選択の場を提供します
  • 様々な環境下にある従業員にとって、「これからの働き方」を考える機会。
  • 定年前の「コース選択」や「雇用延長希望」などの検討、決定する機会。
  • 定年前でのキャリア形成の意識付けが、雇用延長後のモチベーション維持に貢献。

個別相談の場の提供

個人のキャリアプランニング全般に関する相談の場を提供します
  • 定年以降の職業やキャリアなどに関する相談及び具体的アドバイス。
  • ライフやマネーに関する専門家による個別相談の場を提供。

早期退職者や非雇用延長者への再就職支援

新しい「ライフ&キャリア」作りの実現に向かって、ご支援を行います
  • 対象社員のやりたい仕事、やりたかった仕事への実現に向けたサポート。
  • 支援期間中も、意欲的に再就職活動ができる環境づくり。

職種転換対象者への意識変革と能力開発

新たな職種で再出発される方の意識とスキルの向上を支援します
  • 職種が変わることに対する前向きな受容と、強みを活かした新たな貢献分野の検討の場を提供。
  • 新たな職種で必要な基本知識やスキルを習得する研修を数多く準備。

セミナーへのお申し込みはこちらから

開催スケジュール

今回は、「50歳代社員のキャリア開発支援」に焦点を当て、先行企業の『事例紹介』と、気づきの今後の方向性を考える場である『研修体験』の2部構成で開催いたします。

日本全国5都市(東京、札幌、仙台、名古屋、福岡)で開催いたします。参加料は無料ですので、最寄りの会場へお申し込みください!

詳細につきましては、吹出しのリンク先より会場別にご確認ください。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

開催スケジュールのご案内 札幌会場 仙台会場 東京会場 福岡会場 名古屋会場

※詳細・お申し込みは吹出しをクリックし、リンク先のページをご参照ください。

※本セミナーは、自社内への導入を検討されている方を対象にしたサービスです。
同業他社・個人・学生の方のご参加はお断りしております。あらかじめご了承ください。