CDA・キャリアコンサルタントにインタビュー(全国で活躍するCDA)

人の役に立つ

学校

学習塾でもキャリア教育!

佐藤 美津恵 氏

  • 佐藤 美津恵 氏
  • CDA
  • [福岡県]

アメリカジョージア州のBrenau大学で教育学科を専攻。卒業後、電気メーカーで17年間正社員として勤務。主に海外・国内展示会、販促物、HPの企画を担当。2010年4月にBizプロモ企画を立ち上げ独立。業務内容は、展示会・HP・販促物の企画と制作、翻訳・通訳業務(英語と中国語)そして念願のCDAの資格を取り、キャリア・教育カウンセリングをメインに活動中です。夜は、学習塾で講師と教室長を兼任し、主に英語指導(小中学生対象の英検指導も対応)と学習カウンセリングを担当。

CDA資格を取得したきっかけ

元職場の先輩からキャリアカウンセラーという仕事とCDAという資格の存在を教えて頂き、大変興味を持った為、日本マンパワーの通信教育と通学コースの説明会に行った事がきっかけとなりました。説明会では、アラフォーの私でもCDAになれるチャンスが十分あるという事が理解でき、また、教育現場でのキャリア教育の重要性も知ることができ、背中を押されました。

CDA資格の活かし方

学習塾で塾生の進路指導、及び保護者面談をする際に、キャリアカウンセリングを積極的に取り入れています。将来の目標やキャリアビジョンが描けず、勉強の意義を見出せない塾生や子供の将来に不安を抱える保護者様と数多く直面します。ただ単に学習面での指導をするだけでなく、子供達の将来を見据えた支援をすることで、塾生や保護者様の意識が大きく変わり、結果的に成績向上に結び付いています。学校だけでなく塾業界にも、今後、キャリア教育は必要不可欠になっていくと思います。

将来のビジョン

キャリアカウンセリングを通し、塾生の自己発見や自分自身で悩みを解決できるようサポートしていきたいです。又、学習塾のイベントとして、塾生に簡単なキャリアアセスメントを実施し、職業体験等も企画し、早いうちから子供達がキャリアに関心を持つような取り組みも考えています。
将来は、学習指導がメインの塾ではなく、小・中学生を対象にキャリア教育やキャリア支援を行う学習塾を作りたいという夢があります。専任のキャリアカウンセラーがいる学習塾が増えれば、キャリア教育推進に更なる弾みをつけるはずです。今後も夢の実現に向け、今やるべきことを自ら気付ける子供達を育てていくことに尽力していきたいです。

最後に一言

日本マンパワーのCDA養成講座で出会った仲間達とは、今でもお互いにメールで情報交換をし合い、勉強会も企画するなど、お互いに自己研鑚を怠らない生涯付き合っていける大切な仲間となっています。
JCDA主催の研修会でも、いろんな方々と交流が出来、ネットワークが築けますので、
単なるCDAの資格取得に留まりません。
ぜひ、共にキャリアカウンセラーとして活躍してまいりましょう!


企業ご担当者様向けイベント情報

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ