CDA・キャリアコンサルタントにインタビュー(全国で活躍するCDA)

成長を楽しむ

学校

キャリア、プライベートに大きな変化をもたらしたCDA

佐々木 由見子 氏

  • 佐々木 由見子 氏
  • CDA
  • [東京都]

3度の転職の後、CDAを取得。ジョブカフェでの若年者支援や行政機関の仕事で、職業訓練委託校に出向き、職業訓練生の就職支援を行う。現在は大学で学生支援を行い、地道に果敢にCDAとして奮闘中。

自分の転機にも役立つCDA資格

3度目の転職で入社した外資系製薬会社では、リストラや成果主義評価を乗越える為、常に自分のキャリアを考えることが必須でした。私はキャリアの勉強をし、企業の人事部門にトライしようと思い、CDA資格取得を目指しました。養成講座で自分のキャリアを振返る中、受講生仲間の紹介で就職支援の仕事を経験した事がきっかけで、私のCDAとしての方向性が決まりました。私は企業側ではなく、求職者を支援する側を選びました。それからジョブカフェで若年者の就職支援に取組み、その経験を活かし、行政関連の任務で職業訓練委託校に出向いて、職業訓練生の就職支援を行いました。個別相談やセミナーを実施し、地道に果敢にCDAとして奮闘。現在は大学で学生支援を行っています。求職者の就職支援でキャリアカウンセリングを行ってきた私の持ち味は、相談者の方のモチベーションアップだと自負しています。その基本である「傾聴」や「共感」の姿勢は、養成講座や資格取得の場面(試験)で徹底して身に付けられたと思います。また、自分がキャリアの転機を迎えるときの準備や心構えに役立ち、実際の求人で求められる資格として、応募条件や選考基準を満たせる有意義なものです。

プライベートでの大きな変化

私はもともと社交的なタイプでしたが、CDA資格取得前後から、苦手意識があった方や関わりが少なかった方とも積極的に話をすることで、人脈が広がり、人付合いが深くなったと思います。
プライベートでも大きな変化が起こりました。多様な価値観や考えを受け入れられるようになり、CDA資格取得直後、パートナーである夫と運命的に出会い、周囲を驚かせるスピードで結婚に至りました。今でいう「婚活」を、CDA資格取得と同時に行っていたようなものです。(笑)結婚を機に上京し、公私ともに環境が大きく変わりましたが、その変化に順応でき、活躍の場が広がったのもCDAの勉強のおかげだと感謝しています。

実際の現場で知り合う多くはCDA

何よりも信頼・安心感がCDAを選んだ理由です。私は15期生として2004年に勉強を始めたのですが、その当時からCDAは、キャリアカウンセラーのスタンダードでした。実際に現場では、たくさんのCDAの諸先輩方が活躍されていて、仕事で知り合う多くはCDAの方達なので心強いです。助言や意見交換等、同じCDA有資格者同士でフィードバックし合える機会に恵まれることは、CDAの特権だと思います。

CDAを目指される方へ

厳しい不況の今こそ、よりよいキャリアを選択する方法を知り、行動することは必要です。CDAは自分のため、社会のために役立つ勉強です。各々の立場で、CDAとして活躍し、一緒に現状を好転させていきましょう!


企業ご担当者様向けイベント情報

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ