CDA・キャリアコンサルタントにインタビュー

全国で活躍しているCDA・キャリアコンサルタントをご紹介しています。

活躍事例として、CDA・キャリアコンサルタントへインタビューした内容をご覧いただけます。

インタビュー一覧はこちら

CDAマインドで、ホテル業界の革命へ!

業務活用

成長を楽しむ

加藤 哲也 氏

  • 加藤 哲也 氏
  • CDA・キャリアコンサルタント [神奈川県]
所属先:
日の丸リムジングループ シティパークアンドサービス(株) ホテル関連事業部

ホテル業界26年 (株)東急ホテルズに入社し、キャピトル東急ホテルでサービス職、セルリアンタワー東急ホテルで開業チーム等を経験。現在、ホテルスタッフの専門会社で事業部長

CDA資格を取得したきっかけ

大手ホテルチェーンのホテルマンより、ホテルスタッフ人材会社のビジネス創業時に転職、10年経った頃に現場教育、マネジメント、営業、採用人事等運営全般の責任者となりました。自分は会社を大きくし引っ張っている、頼れるリーダーだというつもりでいました。
しかし、ES調査アンケートでは部下たちの不満が噴出したり、育てていたつもりの部下を幹部に昇進させた事が原因でうつにしてしまうなど、仏作って魂入れず、組織は砂上の楼閣であることに気付きました。
部下達の声に耳を傾けたい、また面談を行う際にカウンセリングの知識を得たいと思い悩んだ時期にCDA資格の存在に出逢いました。

現在の仕事、資格の活かし方

それからは「傾聴」を柱に、『相手の心の声に気付ける、思いやりが息づく』をモットーに、社内風土を一新致しました。
ホテル業界は、離職率、平均年収がワースト1、また最も採用に困っている現状もあります。原因は産業構造問題も含め様々ありますが、キャリアを考える文化に乏しい事は否めません。制服やルール等で縛られた環境ということもあり、規格外の考えを巻き起こすのが困難で、イノベーターや自律社員が育ちにくい世界なのかもしれません。
そんな中で我が社は組織開発に最も力を入れています。「自分のキャリアは自分で掴む」。ビジネスの変革を視野に入れイノベーション出来る人材、またプロティアンキャリアのように、世の中の環境変化に合わせて変幻自在に変われる柔軟性を持ったタフな社員を育てるよう、私も社内研修講師となりキャリアデザイン教育を行っています。その結果、我が社の新卒社員の離職率はとても低く、採用も好調です。業界の中でも大変注目されています。

私にとってのCDA資格とは

CDAのマインドを持った経営者が日本中を占めれば、従業員の働き方や幸せ、企業の発展や業績も全て上手くいくと信じています。
我が社のオーナーは旅客・観光事業(ハイヤー/タクシー/バス)の大手企業です。とても苦労しましたが、そのオーナー経営者を巻き込み理解を得て、全てを任されるポストを得る事が出来ました。企業である以上、ビジネスの発展と利益、従業員の幸せは両方とも絶対に追求しなければなりません。それにはトップ自ら発信し、組織のダイナミズムを最大限に活用して取り組まねばならないと考えています。私もサラリーマンをやっている以上、いずれは経営者として世の中を幸せにしたいと思っています。そんな事を夢見て楽しく働けているのも、CDAという資格が可能性を広げてくれたからなのです。

最後に一言

私が最も書きたかった事は、この資格を通じてあらゆることを相談したり、共に勉強したり遊んだりする心から信頼できる仲間が出来たという事です。本音をさらけ出せる仲間はなかなか出来るものではありません。キャリアマインドを軸にした絆があるからでしょうか。私の人生が最も豊かになりました。
皆さんもこの資格を取ってCDAの「ファミリー」に入りませんか。そして幸せの連鎖の種を世の中に蒔いていきましょう!

インタビュー一覧はこちら

お問い合わせ

お問い合わせは、CDA事務局までご連絡ください。

日本マンパワーCDA事務局
  • TEL : 03-5294-5030 (平日・土日 9:00〜17:30 ※臨時休業日あり)

TOP