CDA・キャリアコンサルタントにインタビュー

全国で活躍しているCDA・キャリアコンサルタントをご紹介しています。

活躍事例として、CDA・キャリアコンサルタントへインタビューした内容をご覧いただけます。

インタビュー一覧はこちら

大学における低学年からのキャリア支援!

学校

学び続ける

佐井 省吾 氏

  • 佐井 省吾 氏
  • CDA [北海道]

大手チェーンストアに23年間勤務。商品開発やバイヤー、スーパーバイザーなど勤めた後、北海道浅井学園大学ならびに北海道浅井学園短期大学のキャリア支援部の部長に就任、2007年4月より北翔大学キャリア支援部参与・非常勤講師。(2007年4月より北翔大学に名称変更)。

ある1日のスケジュール

4:00 〜 5:00
起床後、1時間のウォーキング
9:00 〜 10:00
業務開始、インターシップの打ち合わせ
10:00 〜 14:00
メールで予約を受けた学生のカウンセリング一人一回30分で6名
14:00 〜 15:00
就職活動中の学生へのアドバイスや模擬面接
16:30 〜 18:30
大学3年生440名対象の講義 「キャリアプランニング」

CDA資格を取得したきっかけ

若者の失業率が10%、新卒無業者が30%。就職競争を乗り切って就職しても、3年以内に30%の若者が離職する社会の現実。大学で多くの若者にかかわる時、自分が若者になすべきことは、就職活動の支援も含めたキャリア支援を低学年から行なうことだと確信をし、キャリアコンサルタント資格を取得することにしました。数ある資格を検討した結果、組織や考え方が最もしっかりとし、将来性のあるCDA資格を選択しました。

CDA資格の活かし方

キャリア支援構想が認められ、2003年4月本学にキャリア支援部を設置。まずは自己理解の重要性を大学3年、短大1年に訴えかけ、CPS-Jの受検希望者を募ったところ500名を超える学生が希望。効果を高めるため受検結果解説は20名程度の少人数とし、CPS-Jガイドブックの「キャリアビジョンを描こう!」を課題として与え、その後希望者と個人面談を行いました。本学では、CPS-Jをこの春の入学者全員に対して行いました。

将来のビジョン

大学では前期科目「キャリアプラニング」、後期科目「インターンシップ」を担当しています。この授業を通して「低学年からのキャリア支援」のフォーマットを考えていきたいと思います。授業にはCDAの協力をいただくことを計画しています。各業界の第一線で活躍中のCDAの皆さんは、私の心強い人脈です。今後もJCDA(日本キャリア開発協会)北海道支部の皆さんのお知恵を借りながら良い仕事をしていきたいと思います。社内講師の経験を社外でも生かしたい!

最後に一言

私はCDA資格取得の勉強によって、自らのキャリアアップの原点を見つけました。この原点から遠くを眺め、これから勉強すべきものを見つけています。勉強をすればするほど、さらに勉強の必要性を感じる分野が見えてきます。「これで終わり」が無いのがキャリアカウンセリングの世界ではと感じています。

インタビュー一覧はこちら

お問い合わせ

お問い合わせは、CDA事務局までご連絡ください。

日本マンパワーCDA事務局
  • TEL : 03-5294-5030 (平日・土日 9:00〜17:30 ※臨時休業日あり)

TOP