CPS-Jとは何か

CPS-JのもとになったCPS(Career Planning Survey)は、米国のACT社で開発された、職業選択を効率的に行うためのキャリア・アセスメントです。キャリア理論で有名な職業心理学者ホランド(J.L.Holland)の職業選択理論をベースにしています。

CPS-Jは、キャリア研究・調査において世界的に評価を得ているCPSを、日本の風土特性に合うように開発した検査ツールです。

ホランドの6角形

ホランドの6角形 芸術的 研究的 社会的 現実的 企業的 慣習的

ホランドは職業上の興味を、企業的、慣習的、現実的、研究的、芸術的、社会的の6つに分類し、この興味分野に基づく6つのパーソナリティ・タイプを6角形で表現しています。そして、

  • 6角形上の隣り合う分野(例えば「社会的」と「芸術的」)はとても類似している
  • 6角形上の反対側に位置する分野(例えば「社会的」と「現実的」)は最も相互の類似点が少ない

といった関係を見出しています。

※6角形の各項目をクリックすると、詳しい説明が表示されます。

職業心理学者プレディガー(D.J.Prediger)は、このホランドの6角形モデルの根底に、[データ/アイディア]と[ひと/もの]という二極化されたワーク・タスク・ディメンションがあることを発見しました。このワーク・タスク・ディメンションは、CPS-Jの結果であるワールド・オブ・ワークマップを開発する基礎になっています。

ワーク・タスク・ディメンション

ワーク・タスク・ディメンション

画像をクリックすると、拡大表示します。

ワーク・タスク・ディメンション:詳細

画像をクリックすると、拡大表示します。

[データ/アイディア]の軸

【データ】
[データ]には、記録や検証をしたり、交信したり、物やサービスなどの事実やデータを体系化するような、非対人的な活動が含まれます。購買担当者、経理担当者や航空管制官などは主に[データ]によって働く職業です。
【アイディア】
[アイディア]には、創造したり、発見したり、解釈したり、抽象的なものを考えたりする活動が含まれています。科学者、音楽家や哲学者は主に[アイディア]で仕事をする職業です。

[ひと(人)/もの(物)]の軸

【ひと(人)】
[ひと]とは、対人的活動のことであり、援助する、説得する、接待する、動機づける、指示するなどの活動が含まれます。先生、セールスマン、看護婦などは主に[ひと]に関する職業です。
【もの(物)】
[もの]とは、生産する、輸送する、修理するなどの対物的な過程を含むものです。大工、農業従事者、技術者などは、主として[もの]と取り組む職業です。

[データ/アイディア]、[ひと/もの]の2軸と,あらゆる職業は、密接な関係があります。これをホランドの6角形と重ねることにより、ホランド・タイプと具体的な職業を結びつけるワールド・オブ・ワークマップが完成します。CPS-Jでは、具体的な職業を23のジョブ・ファミリーに分類しています。

ジョブ・ファミリー

ジョブ・ファミリー

画像をクリックすると、拡大表示します。

ジョブ・ファミリーとは、実社会にある職業について、仕事の内容や特色が似ているものをまとめて23に分類したものです。これらのジョブ・ファミリーは、実際に職業に携わっている人たちの興味プロフィールや職務分析結果から導き出されたワーク・タスク・ディメンション([データ/アイディア][ひと/もの])を、職業の目的や背景なども考慮に入れて、ワールド・オブ・ワークマップ上に位置づけたものです。

23のジョブ・ファミリーは、それぞれの特徴、職務遂行上の典型的な行動例がまとめられています。

CPS-Jを受けることによって、あなたのホランド・タイプ(パーソナリティ・タイプ)を把握することができ、さらにワールド・オブ・ワークマップにより、あなたに合った仕事を探索するのに役立つ、具体的な職業名があげられたジョブ・ファミリーが明らかになります。

一般の方

CPS-Jを受検する

適職診断テストは有料となっております。
価格:2,500円 (税抜)

過去の診断結果を見る

過去に検査を受けた事がある方は、こちらから、その時の成績がご覧になれます。

CDA受講生の方

CPS-Jを受検する

受講証に記載のID・パスワードでログインください。

過去の診断結果を見る

受検後は、こちらから受講証に記載されたID・パスワードで成績がご覧になれます。