受講生に聞いてみました! 通学講座レポート

佐藤 節夫 さん

PROFILE

佐藤 節夫 (サトウ セツオ) さん[埼玉県]
保有資格:
中小企業診断士

1948年秋田生まれ・1972年早大(法)卒業・1972年凸版印刷蠧社・2008年同社定年退職
2009年3月養成課程終了・5月診断士登録・6月「SSコンサルティング」開業

知識を実務で活用する

受講された講座
中小企業診断士 登録養成課程 2期生

この講座を選んだ理由・きっかけ

会社の自己啓発システム「Challenging School」で診断士試験に出会いました。1次試験は独学で突破できても、2次試験は長年の実務経験が邪魔をして、なかなか突破できないでいました。定年退職が間近に迫り、独立開業するためには、養成課程の選択が資格取得の最短コースであると考え、合理的でもあったからです。日本マンパワーの養成課程を選んだ理由は、当時、2次通学講座を学習していたときに出会った講師が「目から鱗」のロジカルな熱血講義で、熱心に指導していたことがきっかけで、日本マンパワーに信頼があったからです。

受講を検討されている方へ

独立開業が目的のための資格取得ならば、「養成課程」がおすすめです。理由は、「2次試験」は「知識」であり、「実務」に直結するとはなかなか言い切れません。「養成課程」で学んだことは「実務」で使えると思います。

診断士資格取得後(現在の活動状況)

診断士登録後、即、独立開業(SSコンサルティング)。
定年退職後の第2の人生を、「100年続く企業」をテーマに、3つのフィールドで活動を始めました。
〜或Δ粘愀犬あり、お世話になった企業の「経営承継」
協同組合「さいたま総研」に加入し、地元「埼玉・北本」の企業の「経営革新・事業再生」
ふるさと「秋田」の「老舗」支援および「農業再生」支援

将来のビジョン

開業時の「想い」の中では、のふるさと「秋田」の支援が力不足であると感じています。
70歳になったら、秋田に帰る予定でいましたが、体力があるうちに帰り、農商工連携などで「農業再生」に尽力し、「ふるさと」活性化の力になりたいと思います。