50代からのキャリアプランニング

50代からのキャリアプランニング

「改正高年齢者雇用安定法」の施行に伴い、2013年4月1日から「希望者全員を65歳まで雇用すること」が義務化されました。シニア社員にとっては働ける期間が長くなった分、これまでとは違う働き方・生き方が求められます。
この50代という仕事人生の節目において、これまでのあゆみを振り返りこれからの働き方・生き方のビジョンを明確にすることによって、より充実した人生を送ることが可能になるのです。

2013年4月に開講した「50代からのキャリアプランニング」では、これまでの振り返りや自分の能力の確認、そして今後の具体的な自分像を、テキスト学習とワークシート記入、添削課題を通じて明らかにしていきます。

キャリアプランニングをお勧めする理由〜モチベーションが違う!:日本マンパワー独自調査より

企業にお勤めの50代社員を対象に今後の働き方のビジョンについて調査し、明確度が高い群(H群)と低い群(L群)を比較しました。
定年まで高いモチベーションで仕事を続けられそうかを5段階で確認した結果、働き方のビジョンを明確に持っている社員は、その度合いが高い傾向があらわれています。

定年までの仕事のモチベーション
  • [1] 今後のビジョンの明確度は5段階で回答。上位2つの回答者をH群、下位2つの回答者をL群とした。
  • [2] モチベーションの値は5段階で回答したポイントのH・L各群の平均値。
働き方のビジョンを明確に持っているシニア社員は、定年まで高いモチベーションを維持できる みなさんも、今後の働き方のビジョンを描いて、これからもイキイキと働きませんか?
  • 【調査対象、回答数】 企業(従業員規模501名以上)にお勤めの50代社員、517名
  • 【調査時期】 2012年8月 【調査方法】 インターネットリサーチによる調査。選択式・記述式併用
  • 【企画】株式会社日本マンパワー
 

50代からのキャリアプランニング 講座のご案内

講座のねらい

50代ビジネスパーソンの“これまで”を“これからの活躍・貢献・充実”へつなげる

会社の期待に応える働き方が明確になる

改正高年齢者雇用安定法の施行に伴い、シニア社員による役割・年齢相応な組織貢献が一層求められます。本講座では、個々のシニア社員の自分らしい活躍・貢献につながる考え方とその流れを提示し、明日からの準備につなげます。

ライフ・キャリアプランニングによる50代からの
さらなる自己成長の実現

職務の種別や研修経験の多寡にかかわらず、多様な50代ビジネスパーソンが独学自習で無理なくこれまでのキャリアを振り返り、今後の組織貢献のみならず、広く社会での仕事の貢献、仕事を含む生活の充実も視野にしたプランニングができるようナビゲートします。

講座の特色

テキスト学習とワークシートへの記入、添削課題を通じて、具体的に自身の姿と計画を明らかにできるようナビゲートします

  • 弊社は1978年に企業向けのキャリア開発研修を開発し、永年にわたり企業・組織で働く個人にキャリアを考える研修を提供しています。本講座はキャリア開発のパイオニアとして培ったノウハウをテキスト、ワークシートなどに豊富に盛り込んでいます。
  • 個人がつくったキャリアプランを、キャリアカウンセラー(CDA資格保有者)が個別にアドバイスいたします(コメント方式)。

受講対象

50代のすべてのビジネスパーソン

使用教材

テキスト1:仕事キャリアを考える

ワーク1 これまでの歩み確認シート

学生時代から現在までの、ご自身のこれまでのキャリアを中心とした特徴的な出来事を振り返り確認し、そこから自分らしさなどを抽出していきます。

ワーク1 これまでの歩み確認シート

ワーク2 わたしの基本スキル確認テスト

どのような組織においても必要とされる基本スキルなどを再確認し、自分の強みや弱みなどについて考えていきます。

ワーク3 わたしの仕事力・タイプ分析テスト

仕事力を確認するテストにより、ビジネス・パーソナル両面から自分のタイプを確認します。これからの仕事をイメージし、埋めるべき能力ギャップなどを検討していきます。

ワーク3 わたしの仕事力・タイプ分析テスト

テキスト2:ライフ・キャリアプランを考える

ワーク4 状況・環境の変化予測シート

社会・仕事・地域環境などの項目ごとに、今後の自分を取り巻く社会環境の変化を考え、備えていくべきことの有無などを考えていただきます。

ワーク5 生活・暮らし方のチェックシート

余暇や趣味、健康、家族・友人、地域社会などの項目チェックを通して、ご自身の生き方のスタイルなどを再確認していただきます。

ワーク6 わたしの収支シミュレーション

マネープランの側面から、現状での将来収支予測を確認し、これからの対策などについて考えていくきっかけとします。

ワーク6 わたしの収支シミュレーション

添削問題:必須課題 (全1回) + 任意提出ワーク (全1回)

必須課題

ライフ・キャリアプランニングに関する知識や考え方を問います。【OCR(マークシート)添削とインターネットによるWeb添削の選択制】

ワーク7 ライフ・キャリアプランニング表

これまでの学習やワークを集大成する形で、今後の自身のプランを作成していきます。目的に応じて、3種類から選択します。

任意提出ワーク(3種類から1つ選択)

  • (1)現在の会社におけるプランニング
  • (2)仕事に関するプランニング
  • (3)生活全般に関するプランニング

50代の多様なニーズに応えます。

キャリアカウンセラー(CDA)によるサポート

多様なキャリア支援現場を知る、キャリアカウンセラー(CDA)養成機関だからこそ実現できる通信教育プログラムです。

ワーク7 ライフ・キャリアプランニング表

これまでの職業人生を振り返り、これからの働き方・生き方のビジョンを明確にすることで、みなさんのモチベーション向上につなげ、今後の活躍・貢献・充実に向けたアクションを促します!

カリキュラム

テキスト1 仕事キャリアを考える

序 章 キャリアプランニングとは何か?
第1章 なぜキャリアプランニングが必要なのか?
ワーク(1):「これまでの歩み確認シート」
第2章 これからの仕事と働き方を考える
〜自分は何を期待されているのか〜
第3章 どんな仕事の選択が可能なのか?選ぶのか?
第4章 仕事スキルの活かし方
ワーク(2):「わたしの基本スキル確認テスト」
ワーク(3):「わたしの仕事力・タイプ分析テスト」
第5章 これからの仕事人生に向けたスキル・能力開発

テキスト2 ライフ・キャリアプランを考える

第1章 これからの生活を考えていこう
ワーク(4):「状況・環境の変化予測シート」
第2章 ライフ・キャリアプランニングの必要性と課題
ワーク(5):「生活・暮らし方のチェックシート」
第3章 あなたのこれからの計画と対策に向けて
ワーク(6):「わたしの収支シミュレーション」
第4章 ライフ・キャリアプランをまとめてみよう
ワーク(7):「ライフ・キャリアプランニング表」

教材構成

  • 学習ガイド
  • テキスト(2冊)
  • ワークシート集(1冊)
  • USBメモリ(1本)
  • 添削問題(必須1回・任意1回)
  • 質問票

※付属のUSBメモリはPDFとエクセルのファイルで構成されています。ご使用にあたっては、別途Microsoft Excel2003以降のソフトと、Adobe Readerが必要になります。

教材イメージ

講座データ

受講期間 2ヶ月
添削回数 必須1回・任意1回
一般受講料(税込) 18,900円

※教材・カリキュラム・受講料等、予告なく変更する場合がございます

50代からのキャリアプランニング 講座詳細はこちら