社会保険労務士

社会保険労務士は、人事・労務の専門家です!

社会保険労務士とは、企業で働く人の労働条件や福祉の向上を通して、企業の発展に貢献する、労働・社会保険の専門家のこと。
社労士は1968(昭和43)年に、「社会保険労務士法」という法律とともに誕生した国家資格です。その業務は(1)提出書類の作成・提出手続き代行業務 (2)帳簿書類の作成・提出業務 (3)コンサルティング業務の大きく3つに分けることができます。さらに、総務業務のアウトソーシング受注、ファイナンシャルプランナーとの連携によるトータルマネープランナーなど、業務範囲は拡大しています。また、特定社会保険労務士の資格を得ると、労働者と経営者間のトラブルを裁判をせず話し合いによって解決に導く手続き(裁判外紛争解決手続、ADR)に携わることも可能です。

広がる活躍のフィールド 将来性抜群の社会保険労務士。

社労士の資格は、現在の仕事に活用できることはもちろん、独立開業や就・転職に備えてのステップなど、その活用フィールドはますます広がっています。やる気と能力によりますが、開業社労士であれば、得意先が増えれば、月収100万円以上も見込めるため、独立開業して生計を立てることができる資格といわれます。また、その高い専門性と社会性から周囲からも高い評価を受けられます。企業内社労士の場合、資格手当が支給されたり、昇進の査定材料になったり、待遇・収入面で優遇されるケースが多いようです。また、社労士の知識は総務・人事部門では必要不可欠ですので、就職・転職にも大変有利です。
社会・経済・労働環境の変化の中で、人事・労務・年金等の専門家としての社労士は将来性の高い資格といえるでしょう。

資格試験情報 社会保険労務士法に基づき実施される国家試験です。

社労士試験は例年8月に実施され、合格基準点以上を取れば順位に関係なく合格できる試験です。社労士試験には受験資格があるので確認が必要です。

【ちょっとひとこと】複雑化する企業環境の中で不足する社労士。

雇用の流動化、企業の合理化、年金制度の変化など、企業を取り巻く環境は複雑化しています。その中で、これらの問題を解決できるスキルはたいへん重要となってきます。とくに、人手不足で悩む中小企業では、労務や社会保険に関する業務はアウトソーシングすることも多いようです。社労士の主な業務対象となる中小企業は全国に約650万社あり、登録社労士の数が約3万人であることと対比すると、社労士が相対的に不足していると言えるでしょう。また、社労士制度創設期に開業した方で高齢に達している方も多く、世代交代の時期に入っている状況もあり、社労士の将来を担う人材の確保の必要性も叫ばれているところです。

魅力の社会保険労務士 資格取得のメリット

独立開業も夢じゃない!
中小企業の人事・労務コンサルタントとして幅広い活躍が期待できます。現在社労士を必要としている中小企業は全国に約650万社あるといわれていますが、そのうち開業社労士が受託している事業所は約60万社に過ぎません。社会のニーズに比べて絶対数の足りない現在、将来の独立開業もしやすい資格。営業努力しだいで、充実した独立ライフが可能です。
就職・転職の強力な武器に!
社労士の有資格者を社内に置く企業はまだまだ少なく、多くの企業が社外に労務管理や社会保険のスペシャリストを求めています。社労士の資格があれば、専門知識を習得しているという証明になりますので、就職・転職の際にも、自分の能力を認めさせる強い切り札になります。特に総務・人事部門を志望する方には強力なアピール材料になるでしょう。
生涯現役。定年後にも有利!
人生80年時代、定年後の生活設計はサラリーマンにとって切実な問題です。社労士は生涯現役が可能な仕事です。社労士の資格をもてば、定年後の再就職の際にもその専門性が高く評価され、断然有利となります。キャリアと人脈を活かせば、開業も夢ではありません。また、定年後に資格を取得され、独立開業した方も多くいらっしゃいます。

独立開業 資格を活かして見事成功! − 社会保険労務士合格者の声

堺 里美 さん
堺 里美さん 2002年社会保険労務士として登録

独立開業 社会保険労務士の資格を生かして見事成功!

医薬品関係の企業で総務を担当し、5年間勤めたのち結婚退社しました。パートナーの都合で上京し、新婚当時は専業主婦でしたが、その後契約社員として再び働き始めます。家庭生活も仕事も充実していたのですが、「できれば一生続けられる仕事をしたい。なにか残るかたちで、これまでのキャリアを活かせないだろうか」、漠然とですがそう感じていました。

そこで考えたのが労働社会保険のエキスパートである社会保険労務士。私は思いついたら、すぐ行動するタイプで、早速リサーチと準備にかかりました。...(続きはこちら

みんなが描く受講後のキャリアビジョン この講座を受けてどうなりたい?

日本マンパワーの社会保険労務士受験通信講座を選んだ方に、受講後にどのようになりたいか、ビジョンを書いていただきました。

  • 求職者に社会保険について適切かつ分かりやすい説明を行う為に知識を深めたい‼( 広島県  女性  30代 )
  • 総務などで企業内で活躍したい( 神奈川県  男性  50代 )
  • 知識の更新( 神奈川県  男性  60代 )

【ちょっとひとこと】目的意識を持って学習しましょう。

これまで合格された方の多くに共通することが、「目的意識を持つ」ということです。ここでいう目的意識とは、「合格した後のことを考える」ということです。この社労士の資格を取って何をやりたいのか、そのビジョンを具体的に考えている人ほど学習意欲と持続意識が高いようです。ぜひ、合格した後のことを思い描いて学習を進めていってください。

社会保険労務士合格への近道 日本マンパワーの試験対策講座

1978年の開講以来、30年以上もの受験指導実績。蓄積された学習指導ノウハウと最新の試験分析結果に基づき開発された各種講座をご提供いたします。

社会保険労務士 受験通信講座

長年の指導ノウハウを結集した教材で、合格につながる実力を養成!

「受験通信講座」は、日本マンパワーが長年の指導実績で蓄積したノウハウに基づいて基礎知識の習得から知識の整理、問題演習、直前対策と学習の各ステージに応じた教材で、システマティックに合格につながる実力を養成していきます。

【ちょっとひとこと】試験年度対応の教材を使用しましょう。

よくお客様から「昨年のテキストで勉強をしても大丈夫ですか?」という質問をいただきます。日本マンパワーでは、試験年度対応の新しいテキスト・教材で学習されることをお勧めしています。
その理由は、社労士試験は「改正が多い法律を学習する」「その改正事項が、直近の試験に出題されることが多い」という特徴があるためです。改正事項をご自身で追っていくのは大変な労力がかかりますし、見落としも起こりがちです。学習時間を確保することも考えると、新しいテキストを入手して学習をなさったほうが効率的といえるでしょう。

社会保険労務士 Topics社会保険労務士 Topics

講座・資格試験情報をはじめ社会保険労務士に関する最新情報をご案内

全てのTopicsを表示

社会保険労務士試験合格へ向けて便利ツールのご紹介

資格・通信講座Q&A

資格・通信講座Q&A

日本マンパワーの通信講座、資格に関するよくある質問とその回答を紹介しています。
また、解決しない場合は、「新しい質問をする」ボタンをクリックして、新たな質問をすることができます。