CDA資格認定試験情報

今後のCDA試験と資格認定について
〜CDA資格へのチャレンジをお考えのみなさんへ!〜

CDA資格認定は継続されます。養成講座もCDA資格対応で継続されます。

標準レベルのキャリア・コンサルタントの資格は、新制度の下に平成28年4月1日から国家資格に変更となります。平成28年4月以降のCDA資格認定は、国家資格キャリアコンサルタント試験に合格後、一定の条件(※)の下に行われます。

(※)「一定の条件」について。CDA資格対応の養成講座の受講・修了は「一定の条件」に含まれる予定です。
詳細は本年4月以降にご報告できる予定です。

日本マンパワーが4月以降に開講する「キャリアコンサルタント養成講座」はCDA資格に対応しています。

国家資格の実施時期、および受験資格については未定ですので、詳細がわかり次第キャリアカウンセラー(CDA)TOPページのトピックスにて情報を掲載いたします。

1.試験日程

(この情報は、2016年3月までのCDA資格認定試験のものです。)

【1次試験】・・・毎年2・6・10月に実施されています。
【2次試験】・・・毎年4・8・12月に実施されています。

詳細な日程については日本キャリア開発協会のWebサイトよりご確認ください。
試験日程(日本キャリア開発協会)

2.受験料

(この情報は、2016年3月までのCDA資格認定試験のものです。)
  • 【1次試験】 15,000円(+消費税)
  • 【2次試験】 20,000円(+消費税)

3.1次試験の内容

(この情報は、2016年3月までのCDA資格認定試験のものです。)

学科(筆記)試験 90分

出題形式・・・ 多肢選択式(4肢択一)50問、記述式2問、論述式1問(400字〜800字程度)
合格基準・・・ 7割程度の正解率を合格とする。
ただし、記述式問題と論述式問題の合計が40%に満たない場合(20点以下)は、不合格とする。

4.2次試験の内容

(この情報は、2016年3月までのCDA資格認定試験のものです。)

実技試験 約60分(試験説明時間を含む)

内容
面接・ロールプレイング
判定ポイント
CDAの基本コンセプトである経験代謝の理解を踏まえたロールプレイが出来ること。
具体的には以下の評価項目を判定のポイントとする。
項目 内容 判定の
重み付け
主訴・問題の把握 クライエントの問題を適切に把握するように努めたか 50%
自己探索の支援 クライエントの問題の背景にある感情、考え、価値観等をクライエント自身が把握出来るように促したか
傾聴(非言語表現) 姿勢、視線、顔の表情、等 40%
傾聴(言語表現) いいかえ、反映、質問、等
傾聴(かかわり方) 共感、受容的態度、好意的関心
振り返り ロールプレイの中で出来たこと/出来なかったことを明確化する。
今後の面談の進め方を適切に捉えたか
5%
将来展望 CDA資格の活用・将来展望の内容が明確か 5%

6.受験資格

(この情報は、2016年3月までのCDA資格認定試験のものです。)

国籍、年齢、性別の制限はありませんが、1次試験・2次試験とも、下記の条件を全て満たす必要があります。

1次試験受験資格

  1. 20歳以上で社会人として通算3年以上の職業経験を有する者

    ※職種・業種不問。願書提出時に上記の年数を満たした職業経験を有すること。
    (ただし、在学中のアルバイト勤務期間は「職業経験」として算定されません)

  2. 下記の (A) または (B) に該当する者
    • (A) CDAカリキュラム(養成講座)修了者

      ※弊社キャリアカウンセラー養成講座の場合、通信教育と通学コース両方の修了が必要です。

    • (B) 協会での審査の結果、CDAカリキュラム修了相当の者と認められた者

      ※修了相当の詳細については、日本キャリア開発協会(JCDA)までお問い合わせください。

  3. 2 (A) のCDAカリキュラム修了者の場合は、修了日から5年以内の者

2次試験受験資格

  1. 1次試験合格者
  2. 1次試験の合格発表日から2年以内の者

7.試験出願書類の取り寄せについて

(この情報は、2016年3月までのCDA資格認定試験のものです。)

日本キャリア開発協会のWebサイトより出願書類(用紙)をダウンロードし、印刷をしてください。
1次試験出願の流れ(日本キャリア開発協会)

8.試験内容の変更について

(この情報は、2016年3月までのCDA資格認定試験のものです。)

CDA資格認定試験は、下記2点の影響により、内容や出題範囲が変更される場合があります。

1.キャリア・コンサルタント能力評価基準

CDA資格認定試験は、厚生労働省から「キャリア・コンサルタント能力評価試験」として指定を受けています。
そのため、「キャリア・コンサルタント能力評価基準」に変更があった場合、試験の内容や出題範囲が変更されることがあります。

第40回2次試験(2013年4月)以降、新しい内容で試験が実施されます。

2.法改正等

CDA資格認定1次試験の出題範囲には、労働法規も含まれます。
近年は法律の改正が多いため、お手元の通信教育テキストが、最近の法改正情報を反映したものになっているかどうかご確認ください。
なお、弊社では法改正情報を反映するため、1年に1回程度、通信教育テキストの改訂を行っています。

下記から、通信教育テキスト改訂情報をご確認ください。
(1)CDA通信講座テキストを改正(2014年6月改訂)
(2)通信教育テキストの改訂に伴い、CDA1次試験対策サブテキストを改訂(2014年10月改訂)

9.お問い合わせ

試験についてのお問い合わせ

特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会(JCDA)
  • URL:http://www.j-cda.jp/
  • 試験グループ直通TEL:03-6661-6224
    受付時間:平日 9:00〜17:30

キャリアコンサルタント【国家資格】

ピックアップコンテンツ

CDA資格説明会【参加無料】

通学コース開講日程【キャリアカウンセラー養成講座】

【面談スキル向上】ベーシック講座

ロールプレイング基本コース

ロールプレイング強化コース

キャリアカウンセリング体験シミュレーション

  • Webサイト個人会員について
  • 教育訓練給付制度のご案内
  • 書籍のご案内
  • 悪質商法にご注意ください
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 分割クレジットお申し込みのご案内

ネットで学習!資格試験情報も満載! Web Course-s

日本マンパワー オンラインショッピング