基本プログラム一覧・検索

絞り込み条件を指定

  • 基本プログラムTOPへ戻る

検索結果

テーマ:
問題解決

検索の結果、7件の基本プログラムを一覧で表示しています。

  • ロジカルシンキング研修

    対象:中堅社員、管理者

    ロジカルシンキング(論理的思考)とは何か、どのように役立てるのかを理解する。

    1)組織人の基礎能力である情報整理力(分ける能力)を習得する
    2)現状を正確に把握し、問題を適切に抽出する方法を身につける
    3)問題の原因追及力を高める

  • 問題解決力強化研修

    対象:中堅社員、管理者

    問題の把握、原因究明、課題化、解決策構築までの流れを理解し、問題解決を効果的にすすめる手順を習得する。

  • ワールド・カフェを用いた研修

    対象:新入社員・若手社員、中堅社員、管理者

    忙しい日々でバラバラになっている従業員がお互いのつながりを取り戻し、互いの思いを理解し合う機会を生み出す。リラックスした雰囲気の中、まじめなテーマについて話し合うことで、共に創造しようとするダイナミックスを生み出す。
    また、他人事ではなく、自分事として捉えることを促す。

    1)「対話」の効果や主観で話すことの意味を実感する
    2)ワールドカフェを通じて対話する
     メンバーの組み合わせを変えながら4〜5単位の小グループで対話をする。あたかも参加者全員が話し合っているような効果が見込まれる。
    3)対話から生まれた考えやつながりを確認しあい、明日から出来ることを考える

  • メッセージ受発信トレーニング

    対象:新入社員・若手社員、中堅社員

    自律型次世代リーダーの基盤となる「メッセージ受発信」のスキルを身につけることで、相手(部下や上司、顧客)との有意義なメッセージのやり取りを行う調整力とともに、組織を円滑にファシリテートする志を醸成します。

  • マネジメント実践力強化研修

    対象:管理者

    PLAN(計画力)、ACTION(実行力)、CHECK&CONTROL(統制力)の3つの切口で捉え、具体的なコンピテンシーレベルでマネジメント力を高めます。

  • 問題解決研修「B−CEP」

    対象:中堅社員、管理者

    B−CEPとは、仕事を進めていくための思考のプロセスを学ぶプログラムです。学ぶことにより、未経験や困難な状況化でも迅速かつ的確な判断力を身につけます。

    マネジメントのための論理的・分析的思考力を高めるプロセスを実際の課題を通して体得します。またチーム力を向上させる共通思考様式と言語、課題の創出と設定力などを身につけ、マネジメント力の強化を図ります。

  • アセスメント研修

    対象:中堅社員、管理者

    今日的なマネジメントとリーダーシップに関する正しい考え方を認識するとともに、シミュレーション演習を通して実践的なスキルを磨くことの必要性、そして客観的な自己認識と自己啓発の気づきの場、機会づくりの場としていく。

    1)ディメンションと呼ばれる評価要素(革新性、情報収集力、問題分析力など)が設定されている。
    2)研修形式の中で、様々なシミュレーション演習やグループ討議等を通して受講者の行動が観察・評定される。
    3)観察評定はリードアセッサーを中心とした専門訓練を受けた複数のアセッサーによって行われる。

  • 基本プログラムTOPへ戻る

企業ご担当者様向けイベント情報

ピックアップコンテンツ

導入事例のご紹介

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ