日本マンパワー 新入社員意識調査 2014

日本マンパワー 新入社員意識調査 2014

株式会社日本マンパワー(東京都千代田区、代表取締役加藤智明)は、2014年入社の新入社員を対象としたアンケート調査を実施しました。
本調査を通じて、本年の新入社員の仕事やキャリアへの意識、働く価値観などについて特徴・傾向をまとめました。また今年も、2年目社員に同様の設問を含んだアンケート調査を実施しました。これにより、新入社員の入社時と、1年後の2年目社員の時とを比較し、職場への配属や仕事での経験から、どのように意識や価値観が変化していくのか、その傾向と対策をまとめました。
本調査が皆さまの企業・組織の新入社員の定着・育成のお役に立てましたら幸いです。

調査概要

<新入社員意識調査>
  • 調査対象:新入社員研修ご参加者・趣旨賛同企業
  • 全回答数:10,178 名、164社
  • 調査時期:2014年3月〜4月
  • 調査方法:マークシート方式(一部記述式)
  • 企画・実施:株式会社日本マンパワー
<2年目社員意識調査>
  • 調査対象:2014年4月に2年目を迎える社員
  • 全回答数:200名
  • 調査時期:2014年3月〜4月
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 企画:株式会社日本マンパワー

調査結果サマリー

【第1部】 今年の新入社員の特徴は?

  • 1 経年で比較すると、「自分があげる成果」、「自分の能力(知識・スキル)不足」、「仕事での失敗」、
    「職場の人間関係」に対する不安が増加傾向。
  • 2 自分が理想とする5年後の自分像が「ある」と答える割合が年々低下傾向にある。
  • 3 キャリアビジョンの「ある」新入社員、「実現可能性が高い」新入社員は、仕事への期待も高い。
調査結果の概要

【第2部】 仕事への意識や価値観は1年でどう変化する?

  • 4 入社後1年で、「仕事への期待」、「最も大事な価値観」が大きく変化する。
  • 5 リアリティショックの実情。仕事へのモチベーションが維持できず、成長実感・主体性が低下。
  • 6 新入社員時に「心がけたい」ことと、2年目で「心がけている」ことの間には大きなギャップがある。
調査結果の概要

【第3部】 将来の働き方、性差の認識

  • 7 子供が生まれた後の働き方についての意識は、男女で大きな差がある。
  • 8 男性が同性の上司を希望する割合は、2年目で倍増。

調査結果の概要

【第1部】 今年の新入社員の特徴は?

成果・能力不足・失敗・人間関係への不安が増加傾向

経年で比較すると、「自分があげる成果」、「自分の能力(知識・スキル)不足」、「仕事での失敗」、「職場の人間関係」に対する不安が増加傾向。
2011年と2014年を比較すると、「自分のあげる成果」は、「1あてはまる」が6.3ポイント増。
「自分の能力(知識・スキル)不足」は、 「1あてはまる」 が6.8ポイント増。
「仕事での失敗」は、 「1あてはまる」 が7.8ポイント増。
「職場の人間関係」は、 「1あてはまる」 が5.3ポイント増。

【図表】仕事に対する不安、それは何に対する不安ですか? 自分があげる成果 【図表】仕事に対する不安、それは何に対する不安ですか? 自分の能力(知識・スキル)不足 【図表】仕事に対する不安、それは何に対する不安ですか? 仕事での失敗 【図表】仕事に対する不安、それは何に対する不安ですか? 職場の人間関係

仕事への意識や価値観は1年でどう変化する?

仕事への期待、最も大事な価値観が変化

■仕事への期待が急落

新入社員と2年目社員で比較すると、「仕事への期待」について「かなりある」「少しある」と答えている数は、入社時の91.7%から、2年目には48.5%と急落。

【図表】仕事への期待はどの程度ありますか?

■最も大事な価値観も変化

「最も大事な価値観」については、「4人の役に立てること」が入社時の25.8%と、2年目の14.0%とで大きな差が見られる。他にも、「1自分の能力を発揮すること」「7経済的に豊かになること」「8自分の望む生き方ができること」「14心地よい環境にいること」などで、大きな変化が見られた。

【図表】最も大事な価値観は何ですか?

レポートのご案内

レポート

本調査結果の概要をまとめた8ページのレポートをプレゼントしております。

今年の新入社員の特徴や、1年後にどのように意識や価値観が変わっていくのかをご確認いただけます。
近年と比較した今年の新入社員の傾向や、入社1年目のリアリティショックの実態、そして、彼らを育成・支援をしていくためのヒントとしてぜひご活用ください。

資料請求/お問い合わせ

お問い合わせ『新入社員意識調査』に関するお問い合わせはこちら

※本資料請求は、自社内への導入を検討されている方を対象にしたサービスです。
同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。

商品・サービスのご紹介

  • 新入社員若手社員の育成手法
  • 若手社員のキャリ開発支援事例
  • 採用におけるキャリアカウンセリング活用事例