講座詳細

通信講座

プレス金型設計・制作の基礎力を養成

プレス金型基礎コース

  • テキスト教材
  • 講座一覧・検索へ戻る

ねらい

 部品加工において、プレス金型はそのクオリティによって製品の品質、コスト、納期を大きく左右します。近年ではクオリティはもちろん、より早く安く作ることが求められており、いっそう金型を効果的に製作することが必要とされています。
 本講座は、金型制作の第一歩の基礎固めとして、熟練の実務経験者がプレス金型全般について基本に重点を置いて解説します。現場ですぐ役に立つ基本技術に加え、効率化のための標準化、CNC工作機械、CAD/CAMの活用などの最新技術について学び、プレス金型の全般を理解することができます。

こんな方におすすめ

・現在プレス加工に携わっていて、これから金型の設計・製作について学びたい方。
・配置転換等で、これからプレス加工に従事する方。
・プレス金型の設計・製作技術の知識が必要とされる購買、製品設計、生産技術担当等の方。

特色

・プレス金型の基礎が理解できます。
・プレス金型の設計・製作に必要な各種金型の構造と用途がわかります。
・各種金型の工作法がわかります。
・専門書が理解でき、さらに上級技術者への足掛かりとなり、さまざまな応用への道が開けます。

カリキュラム

科目 主な学習内容
〔1〕プレス金型の基礎 1.プレス加工と金型及びプレス機械
2.プレス金型設計の基礎知識
3.金型構造・機能と金型部品
4.プレス加工のシステムと設備の概要
〔2〕抜き型と曲げ型 1.抜き型の設計とせん断加工の実務知識
2.代表的な打ち抜き型の例
3.曲げ型の設計と曲げ加工の実務知識
4.事例による曲げ型の設計
〔3〕絞り型およびその他の金型 1.絞り加工の知識
2.絞り加工の工程設計と金型構造
3.成形加工および成形型
4.圧縮加工および圧縮型
〔4〕順送り型とその他の自動化型 1.順送り型の特徴
2.順送り型の設計および製作
3.トランスファ金型およびその他の金型
4.自動化のトラブルとその対策
〔5〕金型工作法 1.金型加工に用いる機械とその特徴
2.金型部品の加工法
3.標準部品の利用・型材と熱処理
4.金型の仕上げと組み立て・検査

※教材・カリキュラム等は予告なく変更になる場合があります。

その他特記事項・お知らせ

※本講座は、[(株)工学研究社]との提携講座です。

  • 講座一覧・検索へ戻る

お問い合わせ通信教育に関するお問い合わせはこちら

※同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。


標準受講期間
5ヶ月
法人受講料(税込)
36,720円
一般受講料(税込)
36,720円
使用教材
使用教材

テキスト(全5冊)、添削問題(全5回) 〔Web提出〕

教材動作環境
●テストは全てWebを活用しますので、受講にはインターネット環境が必要となります。

【テスト提出のための学習環境】
・Internet Explorer7.0以上

キャンセルについて

ピックアップコンテンツ

通信教育総合ガイドブック 2017年 電子ブック版

オリジナル講座の制作

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ

資格試験情報 受講生を応援する情報Webサイト