講座詳細

通信講座

機械系技術者からメカトロニクス技術者へステップアップ!

新・エレクトロニクス制御基礎講座 応用コース

  • テキスト教材
  • 講座一覧・検索へ戻る

ねらい

 生産現場における機械や設備・ラインの制御には、周知のように、ICやマイコンなどからなるエレクトロニクス制御回路が広く使われ、ますます高度化が進んでいます。このような背景から機械系技術者をメカトロニクス技術書として育成することが久しく叫ばれ実施されてきましたが、今後ともこれらの教育はますます各企業の重要課題であり続けるに違いありません。本講座は機械系技術者の方を対象として、エレクトロニクス制御に使われるIC・センサ・パワー素子等のデバイスやそれらを組み合わせたユニットの機能と使い方を豊富な具体例を通 じて解説し、簡単なディジタル回路の読み書きができ、応用システムが組めるまでの実力を養成することをねらいとしています。

こんな方におすすめ

研究・開発、ソフトウェア開発、製品・設備設計、生産・製造、設備保全等を担当されている方。

特色

・論理記号や回路に使われる部品、ユニットの機能、使い方が理解できます。
・ディジタル回路が読め、簡単な回路やブロック図が書けるようになります。

カリキュラム

科目 主な学習内容
<センサの使い方>

 エレクトロニクス制御に使われる各種センサについて、
その原理・特性を学ぶ。実際にセンサからどのような
電気信号を取り出して、必要な信号レベルまで変換して
いくのかについても学ぶ。具体的な応用回路を題材に
取り上げている。
1.エレクトロニクス制御
に使うセンサ

2.各種センサ1

3.各種センサ2

4.センサ信号の処理
<パワーデバイスの使い方>

 パワーデバイスの使用目的、パワーデバイスの種類と
特徴、基本動作、モータ可変速の原理、サイリスタによる
位相制御、トランジスタによるPWM 制御等
パワーエレクトロニクスの応用例について理解し、
パワー素子の名称、用語等の基礎を学ぶ。
1.エレクトロニクス制御
に使うパワーデバイス

2.パワーデバイスの使い方

3.モータ制御のいろいろ

4.パワーデバイスの応用例
<プリント基板設計と実装技術>

 エレクトロニクス制御の基本ユニットであるプリント
基板についてどのような種類 があり、どのような部品で
構成され、どんな手順で製作されているかを学ぶ。
あわせてエレクトロニクス制御では無視できない
ノイズ対策の基本を学ぶ。
1.基板と部品の種類

2.プリント基板の実装

3.ノイズ対策の考え方

4.エレクトロニクス回路
のノイズ対策

※教材・カリキュラム等は予告なく変更になる場合があります。

その他特記事項・お知らせ

※本講座は、[(株)工学研究社]との提携講座です。

  • 講座一覧・検索へ戻る

お問い合わせ通信教育に関するお問い合わせはこちら

※同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。


標準受講期間
3ヶ月
法人受講料(税込)
22,680円
一般受講料(税込)
22,680円
使用教材
使用教材

テキスト(全3冊)、添削問題(全3回)〔Web提出〕

教材動作環境
●テストは全てWebを活用しますので、
受講にはインターネット環境が必要となります。

【テスト提出のための学習環境】
・Internet Explorer7.0以上

キャンセルについて

ピックアップコンテンツ

通信教育総合ガイドブック 2017年 電子ブック版

オリジナル講座の制作

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ

資格試験情報 受講生を応援する情報Webサイト