講座詳細

通信講座

電子機器のノイズ対策講座

  • テキスト教材
  • 講座一覧・検索へ戻る

ねらい

 初めにノイズの発生源とノイズが伝達する仕組みについて説明し、回路設計及び実装設計におけるノイズ対策と、マイコン組込みシステムのハードウェア及びソフトウェア、周辺機器と接続するためのインターフェースについてのノイズ対策とその具体的な手法について解説しています。

こんな方におすすめ

・電子機器製品の開発に携わる回路設計、及び実装設計技術者。
・電子機器製品の試験・検査に従事する生産技術者、製造技術者。

特色

・ ノイズの発生原因と性質を理論的に理解できます。
・ ノイズに強いアナログ・ディジタル・マイコン・インターフェース回路の設計ができます。
・ ノイズに強い部品の選択と実装設計ができます。
・ 国際的なEMI(電磁障害)規制への対応ができます。

カリキュラム

科目 主な学習内容
〔1〕 ノイズ対策の基本 1.ノイズ発生源とノイズ対策
2.ノイズ伝導のメカニズムとノイズ対策
3.ノイズによる誤動作と破壊
4.EMIの原因と対策
〔2〕 ノイズに強い実装設計 1.アナログ回路のパターン設計
2.ディジタル回路基板の設計
3.電源・アース系の設計
4.筐体機構とノイズ
〔3〕 ノイズに強いアナログ回路設計 1.電源およびアース系の設計
2.アンプ部のノイズ対策
3.インタフェース部のノイズ対策
4.センサ部のノイズ対策
〔4〕 ノイズに強いディジタル回路設計 1.ディジタル回路とノイズ対策
2.ディジタル回路の設計
3.ディジタル回路におけるインタフェース
4.ドライバ回路とノイズ対策
〔5〕 マイコンシステムのノイズ対策 1.マイコンシステムのハードウェア回路での
 ノイズ誤動作対策
2.マイコンプログラム上でのノイズ処理
3.システムとしてのノイズ対策(1)
4.システムとしてのノイズ対策(2)
  1.EMC概念
2.ノイズシュミレータの種類と原理
3.ノイズ測定器
4.EMI測定法
5.代表的なEMI規格
6.測定治具を用いた対策例

※教材・カリキュラム等は予告なく変更になる場合があります。

その他特記事項・お知らせ

※本講座は、[(株)工学研究社]との提携講座です。

  • 講座一覧・検索へ戻る

お問い合わせ通信教育に関するお問い合わせはこちら

※同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。


標準受講期間
5ヶ月
法人受講料(税込)
30,240円
一般受講料(税込)
30,240円
使用教材
使用教材

テキスト(1冊)、添削問題(全5回)〔Web提出〕、テキストの電子書籍

教材動作環境
●テストは全てWebを活用しますので、
受講にはインターネット環境が必要となります。

【テスト提出のための学習環境】
・Internet Explorer7.0以上

キャンセルについて

ピックアップコンテンツ

通信教育総合ガイドブック 2017年 電子ブック版

オリジナル講座の制作

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ

資格試験情報 受講生を応援する情報Webサイト