講座詳細

通信講座

製品の開発効率・生産性アップに欠かせない

実験計画法入門講座

  • テキスト教材
  • 講座一覧・検索へ戻る

ねらい

<実験計画法を理解し活用して迅速かつ的確な目標達成を目指す>
実験計画法の基礎となる統計的な考え方を理解した上で適用範囲の広い実験のわりつけ方と、それによって得られた実験データの解析法について、例を用いながらできるだけわかりやすく体系的に学びます。実験計画法の手法を用いた実験を行えば、求めた要因の影響を経済的に、しかも精度よく知ることができます。

こんな方におすすめ

研究・開発・設計部門の方。
品質管理・生産技術・製造・検査・購買担当の方。
高校卒業程度の数学を理解している方。

特色

・開発効率、品質、生産性等の向上のために実験計画法の果たしている重要な役割と活用法が理解できます。
・いままでの実験の無駄な部分が把握でき、開発・設計効率が向上します。
・実験計画法の手法を正しく、的確に用いて生産工程の解析・改善ができる能力が身につきます。

カリキュラム

科目 主な学習内容
1.統計的方法の基礎 1.品質管理と実験計画法
2.統計的方法の基礎
3.検定
4.推定
2.実験計画法の考え方、一元配置実験 1.問題解決と実験計画法
2.相関分析:過去のデータの解析
3.一元配置と分散分析
4.回帰分析
3.二元配置実験、三元配置実験 1.繰返しのない二元配置実験
2.繰返しのある二元配置実験
3.三元配置実験と分散分析の理論
4.分割実験
4.直交配列表実験 1.直交配列表とは
2.直交配列表による実験の割りつけ
3.水準数の異なる因子

※教材・カリキュラム等は予告なく変更になる場合があります。

その他特記事項・お知らせ

※本講座は、[(株)工学研究社]との提携講座です。

  • 講座一覧・検索へ戻る

お問い合わせ通信教育に関するお問い合わせはこちら

※同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。


標準受講期間
4ヶ月
法人受講料(税込)
36,720円
一般受講料(税込)
36,720円
使用教材
使用教材

テキスト(全4冊)、添削問題(全4回)〔Web提出〕、数値表

教材動作環境
●テストは全てWebを活用しますので、受講にはインターネット環境が必要となります。

【テスト提出のための学習環境】
・Internet Explorer7.0以上

キャンセルについて

ピックアップコンテンツ

通信教育総合ガイドブック 2017年 電子ブック版

オリジナル講座の制作

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ

資格試験情報 受講生を応援する情報Webサイト