講座詳細

通信講座

設備・機械メンテナンス実務講座 材料と機械故障

  • テキスト教材
  • 講座一覧・検索へ戻る

ねらい

 生産現場における課題は設備・機械が順調に稼働することです。しかし実際にはマシントラブルによる生産の停滞が甚大な損害を与えることが多々あります。故障の修復・メンテナンスは保全要員やメーカーにすべて任せるのではなく現場で働く技能者・オペレータがある程度の予防保全や専門家との連絡・応急処置に対応できることが必須となっています。
 本講座ではトラブルの要因を故障事例を中心にわかり易く解説し、構造と知識を短期間で学ぶことができます。

こんな方におすすめ

・機械の保全を行いたいと考えている生産設備や機械装置のオペレータの方。
・生産設備の故障診断やトラブルの初期対応ができるようになりたい方。
・生産設備の正しい使い方と日常のメンテナンス方法を学びたい方。
・メンテナンスしやすい自動化設備を設計したいエンジニアの方。
・生産現場の効率やメンテナンス体制をマネジメントする立場の方。

特色

 故障事例や写真・図を豊富に盛り込み、より分かりやすくその構造と実務知識を習得できるように工夫しました。また、本当にメンテナンスのしやすい自動化設備を設計しようとするエンジニアにも充分に役立つ構成となっています。

カリキュラム

科目 主な学習内容
〔1〕保全のための材料力学  1.材料の機械的性質
 2.破面の観察
 3.破損を支配する諸因子
 4.損傷の事例
〔2〕保全のための機械力学  1.トラブルの原因究明
 2.トラブルの対策
 3.機械システムの信頼性
 4.機械システムの保全

※教材・カリキュラム等は予告なく変更になる場合があります。

その他特記事項・お知らせ

※本講座は、[(株)工学研究社]との提携講座です。

  • 講座一覧・検索へ戻る

お問い合わせ通信教育に関するお問い合わせはこちら

※同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。


標準受講期間
3ヶ月
法人受講料(税込)
11,880円
一般受講料(税込)
11,880円
使用教材
使用教材

テキスト(2冊)、添削問題(2回)〔Web提出〕、テキストの電子書籍

教材動作環境
●テストは全てWebを活用しますので、受講にはインターネット環境が必要となります。

【テスト提出のための学習環境】
・Internet Explorer7.0以上

キャンセルについて

ピックアップコンテンツ

通信教育総合ガイドブック 2017年 電子ブック版

オリジナル講座の制作

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ

資格試験情報 受講生を応援する情報Webサイト