マネジメント強化

【テーマで探す】マネジメント強化

強い組織を実現する、マネジメント強化に関する総合支援サービスです。


企業が成長を続けるために

従来型のマネジメントモデルやリーダーシップスタイルが、ミスマッチを起こし始めている今日、経営の大きな課題の1つとして「社員の自律化」に注目が集まっています。社員一人ひとりの自律化を促進することで、自ら考え自ら動く社員を増やし、企業の成長を図っていこうという動きです。「社員の自律化」には、「個人の主体性」「組織のまとまり」が必要だと考えます。

非正規社員の増加、M&A、グローバル社会の到来、ダイバーシティの重視などにより、組織の人員は多様化し、まとまりを作っていくことが次第に難しくなってきています。マネジメント、リーダーシップ、フォローワーシップなど、様々な角度から、多様化した人員で構成された組織のまとまりを形成する試みがなされています。

企業が成長を続けるために

企業が成長を続けるために


組織としてのまとまりを実現するために

自律した社員一人ひとりがバラバラな状態ではなく、組織としてのまとまりを促進することで、個の力の維持・向上と社員間の相互作用が生み出されます。こうした自律した人材が組織としてのまとまりを強めている状態こそが、真に組織力が強化された状態であり、組織全体の生産性向上を実現するものです。

従来、職場での部下・後輩への指示は、マネジャーやリーダーからメンバーに対し一方的に行われる図式が主でした。
しかし今後「組織のまとまり」を担うマネジャーやリーダーは、自らがファシリテーター(場の促進者)となりメンバー同士の協働・共創・思いを共有する場を作り出すことが求められます。

そのために、メンバーからの自発的なアイディア創出や行動を促進するための意識・スキル・知識を身に付けることが、マネジャーやリーダーに期待されています。

企業が成長を続けるために


お問い合わせマネジメント強化に関するお問い合わせはこちら

※本資料請求は、自社内への導入を検討されている方を対象にしたサービスです。
同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。