自律集団を形成する対話手法

【テーマで探す】自律集団を形成する対話手法

個人が主体性を発揮し、組織のまとまりを産み出す力。今、注目の「対話手法」に焦点を当て“ワールド・カフェ”の特徴とサービスを紹介しています。


なぜ今、組織に「対話する場」が必要なのか?

変化が加速し、複雑性の増す現代社会。企業がグローバル化、M&Aなどの難題を乗り越え、熾烈な競争から生き残るためには組織が「自律集団」になることが重要です。自律集団とは「個人が主体性を発揮し、組織にまとまりがある状態」であり、それを形成するためには、一部のリーダーが意思決定や問題解決をするだけではなく、組織に所属する個人全員が高いモチベーションと主体性をもって参画することが必要不可欠です。
しかし実際には個人の力を組織の力へと活かすことは容易なことではありません。 そのため、戦略的、意図的に「個人が対話する」場をデザインし、「個人が高い主体性」を発揮し、「組織が強いまとまり」を生み出すことに注目が高まっているのです

「自律集団」 個人が『高い主体性』を発揮し、組織に『強いまとまり』がある状態

グラフ

<1>個人の主体性
自ら考え・行動し、自己の成果と成長を積極的に獲得できる意識と能力を保有し行動すること
<2>組織のまとまり
個人が組織の方針や戦略を理解し、個人同士が相互に尊重し、協力し合うこと

対話する場が重要

立場や見解の違いを越えて、テーマを意識し、オープンに話し、聴き、探究することで集合的なナレッジを引き出す手法。参加者のアイディアがつながりあって、新しいアイディアや気づきが生まれやすい。また合意形成が得やすく、参加者の気持ちや意識がひとつになることを期待されている。

自律集団を形成するための様々な対話の手法

対話の手法の中で、日本マンパワーは「ホールシステムアプローチ(以下WSA)」に注目しました。 WSAは特定の課題に関係する利害関係者を一同に集めて行なう対話(ダイアログ)の手法のひとつです。
その特徴は、課題設定・解決に向けて「参加者一人ひとりが相互に話し、聴き、そして決定のプロセスに参画できる場」が生まれるように設定されており、個人の主体性の発揮と組織にまとまりを生み出す力にドライブをかけると言われます。

個人

  • カウンセリング
  • 個別支援(1対1の関わり)によって個人の自律を促し、組織との良好な関係を構築する。
  • カウンセリング図解

グループ

  • ファシリテーション
  • 集団支援(ワークショップ)によって個人の自律を促し、組織との良好な関係を構築する。
  • ファシリテーション図解

組織全体

  • ホールシステムアプローチ
  • 特定テーマの利害関係者が対話を通じて、
    集団的な気づきを得る。
  • ホールシステムアプローチ図解

ワールド・カフェの特徴と活用場面

アニータ・ブラウン氏とデイビッド・アイザックス氏によって、1995年に開発・提唱されたものであり、 「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考え方に基づいた対話の手法です。

特徴

特徴イメージ

<社内に導入しやすい>
  • 1 シンプルな構造とプロセスになっており、実施しやすい。
  • 2 社内ファシリテータ−を育成しやすい。
  • 3 半日程度の時間で実施できる。
  • 4 人数は最低16人で実施できる。数千人規模での実施も可能。
<参加者が対話しやすい>
  • 1 リラックスした空間づくりを大事にしている。
  • 2 自分の考えや気持ちを話しやすい工夫がある。
  • 3 短時間で集団で対話を重ね、気づきを得られやすいプロセス。
  • 4 ポジティブ志向が前提となっており、対話を通じた未来を描きやすい。

活用場面

ワールド・カフェとはいわゆる「カフェで行なわれる会話」を職場のミーティングや日常の会話の中に意図的に組み入れ、社内のコミュニケーションのあり方を変える方法であり、様々な目的と用途で活用されています。

活用場面イメージ

  • ビジョン・戦略などを推進する際の意識合わせ
  • 合併後の新会社の経営理念の浸透
  • チームビルディング
  • 新施策・新規ビジネス・新製品に関する意見交換
  • 主体性と創造性を発揮する会議の進め方
  • 組織の垣根や上下関係を越えたオープンな話し合い
  • 発想が膨らみ、創造性が発揮されるような会話
  • 全員が参加できるようなミーティング
  • 上記の場をデザインする現場マネージャーの育成

日本マンパワーが提供するサービス

日本マンパワーはWSAやワールド・カフェに関心のある法人ご担当者に向けて、様々なサービスを提供しております。
ワールド・カフェの体験コースから、社内ファシリテータ−養成コース、各種コンサルティングまで、目的とニーズに合わせて、対応いたします。

※ ホールシステムアプローチのそれぞれの手法には特徴があります。 ご要望に応じてワールド・カフェ以外の手法も提供しております。


お問い合わせワールド・カフェの弊社サービスに関するお問い合わせはこちら

※同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。