イベントレポート

お寺で「キャリア」を考える キャリアドックがもたらす企業内キャリアコンサルティングの価値 【後編】ダイアログセッション 日 時:2016年11月14日(月)13:30〜17:00

2016年4月1日より、「キャリアコンサルタント」の国家資格化がスタートしました。さらに厚生労働省では、同年度より「セルフ・キャリアドック」の普及浸透に力を入れています。セルフ・キャリアドックとは、労働者のキャリア形成における「気づき」を支援するため、年齢、就業年数、役職等の節目において、定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を設定する仕組みのことです。このことにより、労働者の職場定着や働く意識の再認識を促す効果が期待されるほか、企業にとっても人材育成上の課題や従業員のキャリアに対する意識の把握、ひいては生産性向上につながるといった効果が期待されています。

そうした中にあって、キャリアコンサルタントはどのような価値を個人と企業に提供することができるでしょうか。今回のイベントは「お寺でキャリアを考える」をテーマとし開催場所を増上寺に設定、先進的に企業内にキャリアコンサルティングを導入されている企業の「事例発表」をはじめ、参加者同士が語り合いながら課題解決の糸口を探る「ダイアログセッション(対話)」などを実施しました。本レポートは、その模様をダイジェストでお伝えします。

ゲスト(50音順)

浅井 公一 氏
浅井 公一 氏NTTコミュニケーションズ株式会社
ヒューマンリソース部 人事・人材開発部門担当課長
2015年2月、CDA取得(第45期)。NTT時代、当時の最年少係長として昇格。その後、労働組合の担当を7年歴任。2013年、ヒューマンリソース部に異動と同時にベテラン社員のモチベーション向上にチャレンジ。たった一人でキャリア面談を開始し、2年間で700人以上の面談を実施。圧倒的な面談経験回数と、クライエントと本気でぶつかる胸襟を開いたスタイルの面談が社員にシンクロ。8割もの社員の行動変容を促す結果となる。
浅川 正健 氏

(日本の人事部撮影)

浅川 正健 氏浅川キャリア研究所
所長
キャリアカウンセラー(CDA)、厚生労働省セルフ・キャリアドック導入支援事業推進委員会委員。1973年、伊藤忠株式会社に入社。1990年、人事部に異動。2000年12月、講座第1期でCDA資格取得。2001年7月、社内にキャリアカウンセリング室を設立し、室長に就任する。
島村 泰子 氏
島村 泰子 氏株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
ビジネスマネジメント本部 キャリア開発部 エグゼクティブ・コンサルタント
1級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)。産業カウンセラー。IT業界に入社、SE(システムエンジニア)を10年経験後、教育、採用、人材開発業務に従事。2007年、社内に“キャリア支援”業務を体系化し、現在に至る。エグゼクティブ・コンサルタントとして厚生労働省嘱託業務などを含め、社外でも活躍。法政大学大学院キャリアデザイン学研究科(修士課程)。
藤森 健至 氏
藤森 健至 氏株式会社三越伊勢丹ホールディングス
グループ人財本部 人事企画部長
1992年、株式会社伊勢丹入社。2006年より人事部。2011年より株式会社三越伊勢丹ホールディングス人事部人事キャリア担当部長として、三越、伊勢丹の事業会社統合後の採用・人財育成・異動等を中心とした人事制度改革を推進。2016年よりグループ人財本部人事企画部長(現職)として、グループ人事ビジョンである「従業員の力を最大限に引き出し伸ばしていける体制」の実現に向けた人事制度改革、人財育成フロー構築などに取り組み。

進行・ファシリテーター

水野 みち
水野 みち株式会社日本マンパワー
ソリューション企画部 専門部長
国際基督教大学卒業。1998年より、日本マンパワーのキャリアカウンセリング事業に携わる。2005年、米ペンシルバニア州立大学にて教育学修士を取得。帰国後、プログラム開発、及びキャリア相談機能設置コンサルテーションを担当。現在は、組織開発・企業内のキャリア支援に関する研究開発活動に従事。

ダイアログセッション(バースデーケーキ・セッション形式)

テーマ(1):人事がキャリア相談をする上で気を付けるべきことは?

ダイアログセッションの様子

進行:ダイアログセッションでは、2つのテーマについて、最初にゲストを含めた5人で話し合い、その内容を受けた形で、会場の皆さんが4人1組のグループとなって話し合います。今度は、その内容についてゲストを含めた5人と共に、会場の皆さんと一緒になって意見交換をしていく、という流れになります。最初のテーマは、「人事がキャリア相談をする上で、気を付けるべきことは何か?」です。「守秘義務は?」「希望はどう扱う?」「実際、社員は本音を話せるのか?」など、いろいろな問題・懸念事項がありますが、そうしたことも含めて、人事がキャリア相談をすることの意味(大切さ)を、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

浅井:守秘義務の点について言えば、私が行ったキャリア面談では、人事と上司にフィードバックするという前提で行いました。相談者とはその旨について、しっかりと握ります。もし、「この場限りにしてほしい」ということであれば、そのように対応します。

ダイアログセッションの様子

浅川:私が勤務していた伊藤忠商事がキャリアカウンセリングを始めた10数年前は、守秘義務についてあまり言われることはありませんでした。ただ私は「ここで相談する内容は、他に伝えるようなことはしません。それを信じた方が来てください」ということを前提として、スタートしました。それが徐々に「仕組み」となっていき、2007年くらいから、研修を終えた後で来てもらうことが、当たり前となりました。ですから、個人情報を伝えることは決してありません。とはいえ、この層・エリアに、このような問題があるといったことを、制度に活かせるようにしていくのは、問題ないと思います。ところが、個人情報が人事から出たように思われると、相談者は二度と信頼してキャリア相談のために来室してくれなくなるのです。

進行:人事がキャリア面談を行う場合、キャリアコンサルタントの枠組みで行うというより、まずは先輩やメンターとしての存在があり、その上で人事としてのアドバイスをする、というイメージがあるように感じました。では、今のゲストとの話し合い内容を受け、会場の皆さんは各グループに分かれて、それぞれ話し合ってみてください。

会場からの主な意見・感想

参加者:当社の場合、外部でキャリア相談室を立ち上げ、その後、社内で対応することになりました。人事部は事務局という位置づけで、社員がダブルジョブという形で自ら公募してキャリア相談に当たることになりました。ですから面談する側、される側も人事がやっているという意識は希薄でした。人事は事務局として、全体的な傾向は把握していますが、守秘義務を大切にして対応しており、社員にとって話しやすい雰囲気があったと思います。

テーマ(2):企業内キャリアドックの価値とは?

ダイアログセッションの様子

進行:次のテーマは「企業内キャリアドックの価値とは?」です。キャリアドックは定期的(キャリアの節目)にキャリアの棚卸しをする機会と言われています。ただし、従業員側からすると、特に必要性のない場合があるかもしれません。改めて予算を設けて、企業内でキャリアドックを行うことの価値や意味・重要性はどこにあるのでしょうか。

島村:相談に来る人は自分が悩んでいる時に相談するという方法がありますが、定期的、節目に面談のキャリアドックは、別な意味合いがあると思います。今は特に悩んでいないとか、問題もなく普通にやっている人に有効であると思います。「2−6−2」で言えば、「6」に当たる人たちです。日々頑張っているこうした人たちが、改めて自分自身を振り返ってみる重要な機会だと思います。何より、自分のことを「内省する時間」になります。キャリアコンサルタントを通して「自己肯定感」を覚え、自分のやってきたことをもう一度認められる時間を持つことができます。それが次の行動、つまり「自己効力感」につながっていきます。普通に頑張っている人たちが、これからのキャリアを真剣に考えていく機会を持つことにおいて、非常に価値のあるものだと考えます。

ダイアログセッションの様子

藤森:「1000人キャリア面談」を行った時、これまで自分のキャリアを考えてこなかったという人が少なからずいました。特に一般職の人たちですが、現場では重要な戦力です。その意味からも、自分のキャリアを考える機会を定例化しないと意味がない(考えることが当たり前にならない)、と思うようになりました。また、第三者がキャリア面談やキャリアドックを行う価値で言えば、それは専門家が行うからです。上司がやる場合、明らかに上司の力量によって、現場の一人ひとりのキャリア志向に“ムラ”が出てしまいます。それを、一定の水準に保つために第三者が同じように話を聴き、アドバイスするという機能は、企業として、人材のレベル感を保持するためには必要なことです。

進行:では、今の話し合いを受けて「企業内キャリアドックの価値」について、各グループで意見交換してみてください。

会場からの主な意見・感想

参加者:当社の場合、面談ということについて、人事主導で行きすぎた部分がありました。その点で、ゲストの方たちの取り組みを聞いて、いろいろ工夫して行っている点がとても参考となりました。いずれにしても、企業内で行う場合、その価値や意味をどう経営レベルと一致させていくか。一方で、現場の従業員の思いやニーズに合ったものにしていくか。仕組み先行でやり過ぎた分、しっかりとその目的・趣旨を踏まえた上で、丁寧に展開していくことが大切だと感じました。

このページの先頭へ