日本マンパワー 仕事に関する意識調査

日本マンパワー 仕事に関する意識調査
90%以上が仕事への不安や悩みを抱えていると回答

株式会社日本マンパワー(東京都千代田区神田東松下町47-1、代表取締役:加藤智明)は、全国の企業規模300人以上の企業に勤める正社員の男女、20歳〜59歳を対象としたアンケート調査を実施しました。

組織内キャリア開発プログラムの企画・実施や、キャリアカウンセラーの養成を中心に、個人と組織の双方に望ましいトータルキャリアサポートをご提供する弊社ならではの調査内容です。

本調査により、9割以上のビジネスパーソンに仕事に対する悩みや不安があることが明らかとなりました。
また、キャリア発達上の課題に伴って、年代別に不安や悩みが異なることの裏付けや、企業内キャリアカウンセラーへの期待を示す結果となっています。

年代別のキャリア開発支援の取り組みに、ぜひお役立てください。

本調査について

<本調査についてのお問い合わせ先>
株式会社日本マンパワー
〒101-0042  東京都千代田区神田東松下町47-1
人材開発営業部  TEL:03-5294-5070(平日9:00-17:30)  FAX:03-5294-5078
  • 調査レポート「要約版」のダウンロードはこちら
  • 『仕事に関する意識調査』に関するお問い合わせはこちら

※本資料請求は、自社内への導入を検討されている方を対象にしたサービスです。
同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。


1.従業員の90%以上が仕事への不安や悩みを抱え、年代毎に異なっている

不安や悩みがある(あった)割合は90.6%

【図表:「あなたは普段、仕事をする上で、悩みや不安をかんじることがありますか(ありましたか)」】

「あなたは普段、仕事をする上で、悩みや不安を感じることがありますか(ありましたか)」の問いには、「よくある(あった)」「たまにある(あった)」が90.6%を占めており、多くの社員が仕事に対して悩みや不安を抱えている。

年代を問わず「給与」「モチベーション」「評価」が悩み。
しかし年代毎にその差異は異なっている

「仕事をする上で、どのような悩みや不安がありますか(ありましたか)」の問いには、1位は「給与(昇給)・賞与・年収が上がらない」55.4%、2位は「自分自身のやる気・モチベーションが維持できない」で37.4%、3位が「仕事が評価されない」32.6%の順であった。
さらに、年代のその差異を見てみると、20代は「仕事とプライベートの両立」20代〜30代は「自分の適性」30代は「モチベーションの維持」や「労働時間や仕事量」「仕事のやりがい」40代は「ポストが上がらない」「定年までの雇用不安」50代は「仕事が評価されない」、というその年代特有の特徴が出た。

【図表:「仕事をする上で、どのような悩みや不安がありますか(ありましたか)」】拡大クリックすると拡大表示します

2.仕事の悩みや不安を相談する相手は、年を経るにつれ少なく

会社に仕事の悩みが相談できる仕組みが
あるのは、35%

【図表:「あなたのお勤め先には、仕事の悩みや不安に関して、相談できる仕組みがあったり、相談できる担当者がいますか」】

「あなたのお勤め先には、仕事の悩みや不安に関して、相談できる仕組みがあったり、相談できる担当者がいますか」の問いには、「ある(いる)」と回答したのは、35.0%
回答者の3分の2は、「ない(いない)」・「わからない」と回答。

仕事の悩みや不安を相談できる相手は、20代は身近な先輩や友人、
30代は上司や家族、40〜50代は相談しない。

「あなたは普段、仕事の悩みや不安を誰に相談していますか(いましたか)」の問いには、20代は同僚や、社外の友人、身近な先輩、30代は家族や上司、と回答。
しかし、40代になると「誰にも相談しない」が急増し、50代も「誰にも相談しない」が増え、それ以外の項目が減少。

【図表:「あなたは普段、仕事の悩みや不安を誰に相談していますか(いましたか)」】拡大クリックすると拡大表示します

3.悩みや不安は「やる気」に大きく関わり、「仕事の質」にも関係。解決のための「専門相談員の配置」を望んでいる

仕事の悩みや不安により、「やる気やモチベーションが下がる」と回答した割合は74.2%

仕事や悩みによる影響
【図表:仕事や悩みによる影響】

悩みや不安の解消のために、会社に望む施策は「専門相談員の配置」が43.2%

会社に望む施策として、1位が「専門相談員の配置」で43.5%、「各種研修やセミナー」、「キャリア相談室のような専門部署」と続いた。

会社に望む施策
【図表:会社に望む施策】

4.回答者の属性

性別の構成比は、男性が71.0%、女性が29.0%。

従業員規模と年代の回答者数は均等となるよう回答者を募った。
300〜499人、500〜999人、3,000人以上が年代別それぞれ31人、1,000〜2,999人が年代別それぞれ37人とした。

男女別
【図表:男女別】
従業員規模別
【図表:従業員規模別】
調査概要
  • 調査対象: 全国の企業規模300人以上の企業に勤める正社員の男女、20歳〜59歳
  • 調査方法: インターネット調査(マクロミル)
  • 調査期間: 2011年12月2日〜4日
  • 全回答数: 520

要約版のダウンロード・資料請求

  • 調査レポート「要約版」のダウンロードはこちら
  • 『仕事に関する意識調査』に関するお問い合わせはこちら

※本資料請求は、自社内への導入を検討されている方を対象にしたサービスです。
同業他社・個人・学生の方からのご請求はお断りしております。あらかじめご了承ください。

商品・サービスのご紹介