CDS研修で自己理解を深めるためのツールと講師運営

楽しみながら自己理解を深めるためのカードやワークシート

自己分析 <自己理解を深める> のためのツール

「キャリア・インベントリー」

経験・成果を整理。自己の所有する知識やスキルを明確にします。グループで指摘し合うことで、自己の強みを再確認します。

「モチベーション・スキル・カード」

40種類のスキル・カードを使用し、発揮することでモチベーションが上がるスキル(モチベーションスキル)や指向性を明確にします。仕事に対するモチベーションの上げ方と仕事の成果の上げ方の両面を意識することで、セルフマネジメントが可能になります。

「バリュー・カード」

価値観の確認。15種類のカードを分類することで自己の仕事に対する価値を明確にします。

「アイ・チャート」

上司とのコミュニケーションツールです。現状の業務に対する意識や優先度を共有することで、相互理解を深めます。事前に記入した業務内容と優先度を上司がチェックした上で研修に持参します。研修で明確になったWill(やりたい事)を、Must(やらなければならない事:業務)にどのように活かすのかを具体的に確認します。また、どの業務が自分のモチベーションにつながっているのかも理解します。

「パーソナル・アクション・スタイル」

行動特性の把握。簡単なチェックリストを元に、コミュニケーションスタイルを判定し、他のスタイルを持つ人たちと効果的なコミュニケーションを行うための方法を体験的に理解します。

「ビジネス基礎能力チェック」

基礎能力の確認。自己の職務遂行上の強みと弱みを再確認し、将来の方向性を確認します。

受講する人たちに“気づき”と“意識変容”を促す専任講師

CDS研修の講師運営

“気づき”と“意識変容”を促す専任講師

グループワークを中心とした基本構成の中、弊社独自のファシリテート教育を受けた専任講師たちが、受講する人たちの思考を整理させ、気づきを定着させながら深め、意識変容を促します。インストラクションとは違う、ファシリテーションがポイントです。

ファシリテーションとは


企業ご担当者様向けイベント情報

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ