CDS研修の概要と目的・コンセプト

個々人の魅力的な「ビジョン」設定により、意欲ある、高い意識を持った社員を育てる。

私たちは人生の大半、仕事をして過ごします。平均余命も伸び、65歳定年が定着しつつある中、人生と仕事の関係もより密接になってきています。「仕事」は単なる生活の糧ではなく、「人生」をより充実して過ごすためのキーワードといっても過言ではありません。
今の仕事へのやる気。
「これなら、まかせて!」と自信をもって言えること。
職場で、スキルを活かし成長の実感を味わう。
どうありたい、将来どうなっていたいという理想の将来像。
理想の将来像を手に入れるために、今、しなければならないこと。
仕事に携わるとき、それらに、“気づく”ことは、充実した人生のために、とても重要なことです。

CDS(Career Development System)研修は、昭和53年に弊社から生まれたキャリア開発のためのオリジナルプログラムです。人生の多くを占める仕事の中で、今の職場でどのように意欲を向上させて、自分の将来を見据えていくかを真剣に考える社員と、そのような高い意識を持った社員を多く育てていきたい企業のためのキャリア開発支援システムです。

CDS研修の目的

仕事を中心とした人生における自分のあり方を、社員自身が考え、気づき、充実させること。

自分のあり方を、考え、気づき、充実させる仕事を中心とした自分の人生を、なりゆきまかせでなく、自分自身の現状と環境変化を把握した上で、具体的な目標を立て、それに向かって課題を設定し、計画的に発展、成長させていくことを目指します。社員一人ひとりが、自己のモチベーションの源泉を認識し、組織の要請をふまえた魅力的な将来像を描くことで、自律的な組織風土を確立します。

CDS研修のコンセプト

会社組織の中で、自分にとって好ましいキャリアを獲得するには、現状の仕事で成果をあげ、将来の目標の実現に向けた準備をすることです。

「環境、組織、上司」に対して依存しない自律意識を醸成現状の仕事において成果をあげられなければ、誰も能力を認めてはくれません。
自分が望む方向に進みたければ、発揮したい能力を使って成果を出し、周囲から認められることが大前提です。
自分自身の仕事に対する意義(価値)を「キャリアビジョン」として具体化し、将来の方向性を意識した能力開発を行うことが必要です。
将来の方向性を意識することで初めて現状の仕事の重要性が認識でき、取り組み方が変化するのです。


企業ご担当者様向けイベント情報

調査・研究レポート

日本マンパワーのメールマガジン 人材開発のたまてばこ

資料請求/お問い合わせ