行政書士

こんな資格です

官公署に提出する書類作成と書類申請代行を業務とする行政書士。運転免許や交付申請やパスポートの申請など、取り扱う書類は3,000種類を越え、非常に広い業務を手がけます。試験では憲法・民法をはじめ多岐にわたる法律に関する知識が問われ、法律系資格の登竜門とされています。身近な「町の法律家」から、最近はコンサルタントとしての活躍も期待されています。


おすすめ通信講座

テキストでは重要ポイントを簡潔に解説。
記述式試験対策に最適なサブノートをセット。


科目別基本テキスト(全5冊)、記述式サブノート(1冊)、行政書士受験六法(東京法令出版(株)発行)、本試験模範解答集、学習ガイド、添削問題(全5回)、任意提出記述式問題(1回)、質問票、マイキャリアプラン

標準受講期間 ヵ月(最大6ヵ月延長可)
受講料
(税込)
分割払い
(計6回)
 月々6,600円
 (初回のみ6,976円)
申し込み方法 ハガキFAX
一括払い 38,850円(税込)
申し込み方法 インターネットハガキFAX

カタログ請求 講座申し込みページへ
試験の概要

試験日
例年10月第4日曜日

受験資格
年齢、学歴、性別、職歴、実務経験などの制限は一切ありません。

試験科目
行政書士に必要な法令等(行政書士法(行政書士法施行規則を含む。)、憲法、民法、行政法、地方自治法、行政手続法、行政不服審査法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、商法、税法及び基礎法学)、一般教養