カラー検定

こんな資格です

ファッションやインテリア分野など様々なフィールドで、その場にふさわしい色彩を作り出し演出する専門家で、現在需要は急上昇。応用力を発揮すれば、活躍の場が広がる可能性も大。


おすすめ通信講座

文部科学省と商工会議所が認める2大検定受検に対応。


■2級総合コース

学習ガイド、テキスト「カラーコーディネーター入門色彩」、3級スタディブック、2級スタディブック、3級練習問題集、2級練習問題集、商工会議所カラーコーディネーションチャート(2種類)、添削問題(全7回)、質問票


標準受講期間 ヵ月(最大5ヵ月延長可)
受講料
(税込)
分割払い
(計6回)
 月々5,500円
 (初回のみ5,993円)
申し込み方法 ハガキFAX
一括払い 32,550円(税込)
申し込み方法 インターネットハガキFAX

カタログ請求 講座申し込みページへ


■2級コース

学習ガイド、テキスト「カラーコーディネーター入門色彩」、2級スタディブック、2級練習問題集、商工会議所カラーコーディネーションチャート(2種類)、添削問題(全4回)、質問票


標準受講期間 ヵ月(最大4ヵ月延長可)
受講料
(税込)
分割払い
(計3回)
 月々6,900円
 (初回のみ7,012円)
申し込み方法 ハガキFAX
一括払い 20,475円(税込)
申し込み方法 インターネットハガキFAX

カタログ請求 講座申し込みページへ


■3級コース

学習ガイド、テキスト「カラーコーディネーター入門色彩」、3級スタディブック、3級練習問題集、商工会議所カラーコーディネーションチャート(2種類)、添削問題(全3回)、質問票


標準受講期間 ヵ月(最大3ヵ月延長可)
受講料
(税込)
分割払い
(計3回)
 月々5,600円
 (初回のみ5,877円)
申し込み方法 ハガキFAX
一括払い 16,800円(税込)
申し込み方法 インターネットハガキFAX

カタログ請求 講座申し込みページへ
試験の概要

東商カラーコーディネーター検定(R)

(2級試験)
試験日
例年6月下旬、12月上旬

受験資格
学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。

試験科目
色彩の物理学・測色学・生理学・心理学・色彩計画・色彩の応用の知識

(3級試験)
試験日
例年6月下旬、12月上旬

受験資格
学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。

試験科目
光と色に関する物理学・色の測定とその表し方に関する測色学・人間の目の構造に関する生理学・色の知覚と感情効果に関する心理学・色彩調和および、色彩文化の知識

AFT色彩能力検定

(2級試験)
試験日
夏期 6月26日(日)
冬期 11月13日(日)

受験資格
学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません

試験科目
光と色、色彩心理の応用、色彩体系、色名、配色調和論、配色の基本と演習、ファッション、ファッションと色彩、環境と色彩、色彩計画概論

(3級試験)
試験日
夏期 6月26日(日)
冬期 11月13日(日)

受験資格
学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。

試験科目
色のなりたち、色の体系、色の表示、色の混色、色の感情・連想、色の見え方(色の対比)、配色の基本、ファッション、環境と色彩


※写真は2級総合コース