キャリアカウンセラー(CDA)

こんな資格です

キャリアカウンセラーとは、相談者の経歴や興味、価値観、能力などを詳細に聞き出し、分析しながら最適な職業へ導くアドバイザー的な仕事です。雇用のミスマッチを解消し、適材適所の就職アドバイスを行い、今後最も必要とされる資格の一つです。現在、政府は総合雇用対策で「5年間に5万人のキャリアカウンセラー養成」を方針としています。さらに資格取得後は、日本キャリア開発協会に入会し、キャリアカウンセリングの実務機会を与えられるメリットもあります。
CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)資格は、厚生労働省キャリア・コンサルタント能力評価試験に指定されています。

CDA受験資格を取得するには、通信講座のほかに通学コースの受講・修了が必要です。


おすすめ通信講座

■キャリアカウンセラー養成講座(通信教育)

アメリカ最先端の理論を導入
キャリアカウンセリング必須の知識が学べる


全米キャリア開発協会(NCDA)承認。キャリアカウンセリング先進国アメリカの最先端カリキュラムを導入
適職診断テストCPS-J付き
※通信講座と通学コースをセットにした「総合コース」も開設しています。


標準受講期間 ヵ月(最大3ヵ月延長可)
受講料
(税込)
分割払い
(計6回)
 月々5,900円
 (初回のみ6,154円)
申し込み方法 ハガキFAX
一括払い 34,650円(税込)
申し込み方法 インターネットハガキFAX

カタログ請求 講座申し込みページへ
試験の概要

(1次試験)

試験日
第15回試験 10月17日 (日)

受験資格
年齢、性別、学歴等に制限ありませんが、次の3つの条件をすべて満たすことが必要です。
1) 下記のいずれかを有する者
A) 短大・専門学校卒業以上の学歴を有し、2年以上の職業経験を有する者
B) 5年以上の職業経験を有する者
2) JADの認定するCDAカリキュラム(12の能力を習得するカリキュラム)の修了者
3) JADの認定するCDAカリキュラムの修了日から5年以内の者、または修了相当の者

試験科目
支援するスキル、固有なニーズを持つ人々への対応スキル、倫理的・法律的問題、指導と学習、キャリア・デベロップメントのモデル、アセスメント(評価)、テクノロジー、労働市場情報および資源(リソース)、求職活動のスキル、トレーニング、プログラムの管理と実施、普及とPR活動
以上のCDAが習得すべき12の能力

(2次試験)

試験日
第15回試験 12月18日(土)・19日(日)

受験資格
1次試験合格者で1次試験の合格発表日から5年以内の者

試験科目
実技(面接・ロールプレイング)